産業用ロボット導入にかかるコストを考えよう!投資回収計算方法も解説!

    こんにちは。

    産業用ロボットにまつわるお役立ち情報を発信するROBoINです。

    産業用ロボットの導入にかかるコストって気になりますよね。ロボットってとてもお金がかかるんじゃないだろうかとか、付帯コストはどのぐらいなのだろうかとか。

    そもそも、産業用ロボットは機種によってばらつきがあり、また正直いって売る側の事情にも左右されます。

    中型ロボットは200万~400万、大型ロボットになると500万~です。ばらつきがありますから、依頼先はしっかり熟考・検討する必要があります。

    しかし、産業用ロボットは本体を買って終わりではないのを注意しなければなりません。

    カバーも場合によっては必要ですし、架台と呼ばれる置き場所も必要な場合があります。

    協働ロボットでは不要な安全柵もあり、そこそこお金がかかってしまうのは事実なのです。

    ハンド(ロボットの手)、制御装置(本体のコントローラ)、ユーティリティー(一次供給)=制御盤(電源供給と周辺機器との通信を行う盤)、エアー盤(バルブスタンドとも言う。空気を供給する盤。ハンド仕様により空気供給が必要な場合)、その他仕様によっての供給(溶接なら溶接装置、レーザーならレーザー装置など))など、いろいろなものが必要です。

    最近の流行りビジョンセンサー(2D3Dカメラ)を使用した装置でAIと組み合わせロボット動作を自動生成するシステムも。センサーはロボットの目となり、コントローラはロボットの脳となり、ハンドはロボットの手となるイメージです。

    足が欲しい場合は走行装置を付けることもあります。

    そして、一番かかるのがティーチングの費用です。ロボットにプログラムを仕込むためのお金です。自力でやればかかりませんが、ティーチングはそこそこ難しいので、システムインテグレーター(SIer)に任せるのが一番です。 ロボット動作を自動生成するユニットを使用するとティーチングは不要になることもあります。物流倉庫に導入する産業用ロボットはこのシステム構成が主流になっているので、業態にも依存します。

    ・人件費基準で考える

    では、産業用ロボットのコストを見積もるとき、どうやって考えるのでしょうか?それは、市場価値ではなく給与・人件費ベースの原価積み上げ方式で考えてみましょう。

    人件費は、一般に給与総額よりも大きくなります。雇用保険や社会保険そのた傷害保険などを会社が負担することが大半だからです。たとえば、ひとりあたりの給与が400万、その他の経費を込みにして人件費が500万のケースを考えてみましょう。

    そして、社員3人分の働きを、産業用ロボットが代替してくれるとします。1年で投資を回収するとしたら単純計算で1500万円/年の働きをしてくれることでしょう。2年で投資を回収するのであれば、3000万円かけられますね。

    人件費基準で考えるというのは、シンプルで分かりやすく、比較がしやすいので最初の見積もりを出してもらい、把握するのに効果的です。

    ・市場価値から考える

    一方、コストの見積もりには市場価値パターンもあります。原価式の積み上げ計算ではなく、市場価値から算出する方法です。といっても、産業用ロボットは基本的にオーダーメイドです。よって、市場価値というものは厳密にはありません。ただ、日本ロボット工業会がコストを出していますので、それをご紹介すると、仕様によりますが平均980万円とのことです。

    この980万円は本体代300万円をいれて、その他のラックや架台を込みにした価格です。

    500万円のシステムインテグレーション価格が上乗せされて、980万という価格になりました。

    ・導入には多少のコストもかかる

    980万円を大雑把に分類してみると、本体300万、SI費用が500万、付帯コストが200万円弱といったところです。

    導入には1000万近くのお金がかかるのは事実です。ただその分だけ売上上昇のスピードの速さも、投資回収のスピードも桁違いです。

    原価計算と市場価値という表現をしましたが、工場のロボット導入は人件費との相殺で考えるのがいいかもしれません。いわゆるブルーカラー職と呼ばれる現場職は、人を導入したらその日から利益がでることが多いのです。よって、生産力(人やロボット)を投入すれば、その日から利益がでてきます。

    ただ、投資回収は、投資額が大きくなればなるほど、長くなります。

    つまり、2000万投資すれば、回収期間は3年、1億円なら4年、2億円なら5年のように、大型の投資をすればするほど、コンパクトな経営からは遠ざかっていきます。

    しかし、規模を拡大していこうという意欲があるのであれば、また、合理的な経営を目指すのであれば、産業用ロボットの導入はひとつの大きな後押しとなってくれます。

    自己資金では難しいですし、銀行との調整も必要になってきますが、それでもひとつの経営の選択として、考えてみるのが良いと思います。

    中小企業の場合、1000万から2億円ぐらいのコストがかかります。産業用ロボットはそれだけ人件費をかけている場合には有効有益です。

    (コンパクトな経営、スマートファクトリーを生む方法は人件費と「生産数・稼働率UP」、ロボットによって生産速度を上げる(作業効率UP)ことができ、生産数が倍にできれば投資回収はさらに早いです。その検討で必要なのはサイクルタイム、タクトタイムの短縮です。)

    ・導入に迷ったら

    これをお読みの段階では、まだ迷っていてリサーチ段階なのではないでしょうか。1000万といわれてぽんと出せる会社さんは少ないです。ただ、導入には大きな効果が見通せますので、できる限り前向きに検討したいですよね。

    そこで、産業用ロボット導入には、プロフェッショナルのサポートがあるといいのではないでしょうか。要件定義して本当の目的を洗い出し、コストを正確にみつもって、しかるべきロボット事業者に発注し、プログラミングのティーチングにも責任を持てる、そんなサポーターがいればいいなと思いませんか?

    それでしたら、ROBoINにお声がけください。豊富な実績と実力で、たくさんのサポートをして参りました。ROBoINは産業用ロボットコンサルティング集団です。

    いま、現場に何が必要なのか。どう経営にインパクトを与えられるのか。そこからスタートすれば、計画的に産業用ロボットを導入でき、利益に直結します。ぜひ、お問い合わせください。