スマートファクトリーとは?工場への必要性とは?徹底解説!

    こんにちは。

    産業用ロボットの情報を配信する、ROBoINです。

    今回は、スマートファクトリーについてお届けしたいと思います。

    スマートファクトリーとは一体何で、どうして必要なのでしょうか?工場はいまのままではいけないのでしょうか?スマートファクトリーは、工場のあり方を問いかけます。その問いに答えるために、スマートファクトリーそのものをまず知る必要があります。

    ・スマートファクトリーとは?

    スマートファクトリーとは、データを主軸にして工場を運営すると言うことです。工場先進国のドイツが国家的プロジェクトとして推進している「インダストリー4.0」をベースにしています。ドイツは車でも工業製品でも、高い技術力を誇りますが、さらに進化したスマートファクトリー化で、このグロバール時代を駆け抜けようというものです。

    スマートファクトリーとは、デジタルデータを使って、工程を管理し、最適化し、故障率などの改善を行うものです。従来は、熟練作業者がカンに頼ってミスをみつけたり、改善していましたが、その改善をデータを使って科学的に行っていくものです。

    データを用いると聞くと、ちょっと難易度が高いような気がしますが、人工知能やIoTの力といった、先端技術の力を借りて、反対に楽に工場運営をしていくものです。楽に、というと語弊がありますが、合理的かつ再現可能な形で、科学的な経営を行っていきます。

    ・スマートファクトリーとDX

    スマートファクトリーの、人工知能やIoTというワードは、近いものにDXがあります。デジタルトランスフォーメーションの略で、DXは人工知能、クラウド、Iot、ビッグデータ、5Gといった、最新のデジタル技術を使いながら、仕事のあり方そのものを変えていく動きです。

    DXは、2018年には総務省が、2019年には経済産業省が、そして2020年には管内閣が推進したことでも知られています。間違いなく今後のビジネスのあり方を変えていくものですので、注目です。

    スマートファクトリーは、そのDXの工場版だと考えてもいいかもしれません。

    ・スマートファクトリーの必要性

    現在、熟練者のカンに頼った改善をしていませんか?

    もちろん熟練者のカンは非常に優れており、頼るべきものなのですが、それだけでは再現性がありません。スマートファクトリーなら、データに基づいた分析ですから、

    ●品質低下が起きたとき、どこがよくないのか

    ●改善事項はどこにあるのか

    ●作業工程においてボトルネックはどこなのか

    が、丸見えになります。

    再現性があり、誰でもわかる形でわかる形で工場を運営できるのが、スマートファクトリーの大きな魅力なのです。魅力だけではなく、必要性として、導入すべきではないでしょうか。

    ・スマートファクトリーによる全体最適とは?

    スマートファクトリーと聞くと、とても新しいワードのように聞こえます。しかし、職人芸に頼らずデータつまりコンピュータで工場運営というのは、パソコンができた90年代から存在する考え方です。

    スマートファクトリーという名前がついていなかっただけで、デジタルに頼って再現性のある工場運営は以前から行われています。それこそコンピュータの歴史とともに、科学的に経営しようという流れはあったのです。

    では、スマートファクトリーの何が新しいのかというと、以前の工場運営は、コンピュータやデジタル技術によって生産ラインを改善していきますが、どうしても「部分最適」なところがありました。部分最適とは、製造ラインの改善や、部門単位での改善でした。

    それが、スマートファクトリーによって、経営レベルの改善が可能になるのです。つまり、会社にとっては、「全体最適」が可能になることを意味します。

    ●部分最適・・・製造ライン、部門単位の改善

    ●全体最適・・・工場だけでなく、工場を持つ組織の全体を改善

    このように、スマートファクトリーは、実はどんどん高度になっており、経営レベルの改善まで行えるのです。産業用ロボットを導入したり、データ分析を行うAIや人工知能をいれたりするだけでなく、より上位の、上級職の、意思決定にまで作用するのがスマートファクトリーなのです。

    スマートファクトリーは、まずトップダウンで産業用ロボットを導入することからはじまります。そもそも産業用ロボットは必要なのか、なぜ必要なのか、実現したい将来は何なのか、明確にすることからはじまります。

    その目的意識の明確化と共有化からはじまると思うのであれば、ぜひこれからもROBoINをお読みください。ROBoINでは、さまざまな工場を最適化する情報について配信していきます。

    工場にデータ分析を導入し、ぜひ生産性を改善するだけでなく、経営に大きなインパクトをもたらしましょう。ROBoINでは、その情報を配信してまいります。