サイトアイコン 製造DXドットコム

【ロボット導入事例】狭小空間での窮屈な姿勢で行うメンテナンス作業をロボットが代替

製造DX.comでは工場自動化の事例を紹介しております。参考資料は経済産業省が展開しているロボット事例となりますが、見やすく、わかりやすく、をモットーに初めての方でも問題なくご覧いただける記事制作を行っております。

主な導入内容

【導入内容】

【企業情報】

【導入工程情報】

生産現場の課題

今回のエンドユーザー様は事業の一環として、道路橋のメンテナンスを行っていました。道路橋のメンテナンスは、急速な老朽化が社会問題となっており、国かも法律により定期点検を義務付けられています。みなさんも見たことがあると思いますが、道路橋は、高さが様々で、中には高さが低く、点検の際は、橋の下へ、ひざを曲げ、中腰で進入して、橋の裏側を長時間、上を向きながら確認をする必要がありました。窮屈な姿勢は、緊急時における安全確保が難しく、また、身体的・精神的に負荷が大きい課題があげられました。それら課題を解決するため、自動化を検討しました。

ロボットシステムの導入

主な導入製品

  • 自走式点検ロボット

今回の事例では、既にパッケージ化されている狭小空間点検用の自走式ロボットしました。高性能カメラが搭載されており、水平方向に240度以上、垂直方向に90度以上可動することができるため、細部にわたり確認が可能になりました。ロボットに代替することで、課題であった身体的・精神的負担を軽減することができたのはもちろん、に、損傷状況を赤外線センサにより的確に計測することができるため、橋の安全性を定量的に把握することができるようになりました。また、それらデータは、すべて記録され、蓄積することができるため、今後の作業効率化に活かすことができるようになりました

自動化による効果

本案件は、弊社が設計したものではないため、具体的な導入費用を掲載することができませんが、効果などとしては下記のようになっています。

主な効果など

  • 投資回収年数 :約3.0年
  • 生産性    :約1.2倍
  • 効果     :300万円/年
  • その他の効果 :安全性確保身体的負担軽減・精神的負担軽減

※参考動画は本案件のロボットシステムではありません

ロボット導入のお問い合わせは製造DX.comまで

自動化を行うにあたって知っておくべき事項をまとめた「工場自動化ガイド」を作成しました。これから自動化を行っていきたいと考えている企業様は是非参考にしてみてください。

専門家・技術者向け生成AIツールで業務を効率化

専門家・技術者向け生成AIツール – SPESILL

Word、Excelと親和性が高く、高度な文章生成、図表から文字・文字から図表の生成ができ、ナレッジ検索ができるAIアシスタントツールです。

専門文書の作成や社内外からのお問い合わせ対応などに課題を感じている、人手不足で業務が逼迫している、埋もれている有益なデータが大量にあるなどナレッジマネジメントのお悩みがあれば是非お気軽にお問い合わせください。

オフラインで生成AIを使いたい方はこちら

https://spesill-local.studio.site

生成AI/LLM活用のご相談はこちら

LLMコンサルティング

ChatGPTやMicrosoft Copilotの活用方法がわからない、社内に導入したけど使用している社員が少ない、自社でやりたいことができる生成AIツールが見つからない、セキュリティリスクが気になり生成AIツールを使用できていない、生成AIを活用した新事業を立ち上げたい、という企業様を徹底的にサポートします!

お気軽にお問い合わせください。

ロボット導入のご相談はこちら

工場自動化コンサルティング

zisaku(ジサク)

お気軽にお問い合わせください。

また、自動化を行うにあたって知っておくべき事項をまとめた「工場自動化ガイド」を作成しました。これから自動化を行っていきたいと考えている企業様は是非参考にしてみてください。

運営会社について

製造DX.comを運営する株式会社ファースト・オートメーションでは、製造業の業務効率化を支援する様々なサービスを開発提供しています。専門家・技術者向け生成AIツール「SPESILL(スぺシル)」は特に反響をいただいております。ぜひご活用ください!

モバイルバージョンを終了