サイトアイコン 製造DXドットコム

人間の3倍働ける!?警備ロボットの種類やメリットデメリットは?

こんにちは!産業用ロボットの情報を発信している製造DX.comです。[◎△◎]

今回は、産業用ロボットから少し離れて、警備ロボットについてお話していきます!

①警備ロボットとは?

警備ロボットとは、事故、破壊、盗難等の事変に備え、警戒や防護に利用される機械(ロボット)です。

従来は、監視カメラや、警備員による作業が行われていました。
しかし、2010年代からドローンや人工知能の発達などにより、警備ロボットは徐々に普及しつつあります。

②警備の課題

今もなお、警備は人手による作業が多いです。
また、夜間の作業も多いことも特徴にあげられますね。

時と場合によっては、なんの以上もなく、立っているだけとなってしまうこともあり、
それら作業は、体力的にも精神的にも負荷が大きいです。

更には、カメラやセンサ以外の警備のエビデンス、つまりは警備員が行ったこと、
見たもののエビデンスを残すことは極めて困難でした

最も大きな課題は、人材の高齢化です。

③警備ロボットの種類

警備ロボットにも大きく分けて2つの種類があります。

1つ目は、自立型
自立型、工場や倉庫で使用されている自動搬送機をイメージしていただけると想像しやすいと思います。
予めプログラムされたルートに従って自動運転を行う、不審者や不審物に対して、データを記憶するなど決められた対応を行います。
人件費が削減できる反面、臨機応変に対応することができません

2つ目は、遠隔操作型
遠隔操作型は、その名の通り、遠隔操作によって人が無線操縦するため、高度な判断を要する状況下でも迅速に対応することができます。
自立型の欠点であった臨機応変な対応が可能な反面、1基につき一人の操縦者が必要なため、人件費削減には向いていません

④導入メリット・デメリット

メリットとしては、人手作業の警備の課題を解決することができます。
過酷作業からの解放省人化エビデンスの補完・・・などなど
これらメリットは、一般的な産業用ロボットによる自動化と同様ですね

更に加えて、警備では、治安の悪化や自然災害、危険区域での警備が可能になるというメリットもあります。

逆にデメリットとしては、現場の状況判断がまだまだ人間よりも劣ることでしょう。
警備中の不審者への対応はもちろん、異常事態にいおいても一度シグナルを出して、従業員を呼ぶ必要があります。
つまり、ワンテンポ遅れてしまうというであり、異常事態においては一刻を争うため、致命的な遅延となる可能性があります。

緻密なマニュアルを作るなどのルール決め、訓練をすることでデメリットを少なくしていきましょう
また、機種によっては、メリットデメリットが異なるので、見極めることにより、デメリットをなくすることが可能でしょう。

⑤最新警備ロボット

総合ビルメンテナンスの大成が7/15に発表したアバター警備ロボット「ugo TSシリーズ」は、
半自立型の遠隔操作の機能が当されており、前項でご説明した2つの警備ロボットの種類の
短所を補い、長所を活かす
ことができます。

また、このシリーズは、人と同様にエレベーターのボタンを押し、乗り込み、別の階に移動することができます。
カメラも3台搭載しており、360度視界を確保することができ、本機を導入することで、1台当たり、2名の人員を削減するとのことです。

ロボット導入のお問い合わせは製造DX.comまで

自動化を行うにあたって知っておくべき事項をまとめた「工場自動化ガイド」を作成しました。これから自動化を行っていきたいと考えている企業様は是非参考にしてみてください。

専門家・技術者向け生成AIツールで業務を効率化

専門家・技術者向け生成AIツール – SPESILL

Word、Excelと親和性が高く、高度な文章生成、図表から文字・文字から図表の生成ができ、ナレッジ検索ができるAIアシスタントツールです。

専門文書の作成や社内外からのお問い合わせ対応などに課題を感じている、人手不足で業務が逼迫している、埋もれている有益なデータが大量にあるなどナレッジマネジメントのお悩みがあれば是非お気軽にお問い合わせください。

オフラインで生成AIを使いたい方はこちら

https://spesill-local.studio.site

生成AI/LLM活用のご相談はこちら

LLMコンサルティング

ChatGPTやMicrosoft Copilotの活用方法がわからない、社内に導入したけど使用している社員が少ない、自社でやりたいことができる生成AIツールが見つからない、セキュリティリスクが気になり生成AIツールを使用できていない、生成AIを活用した新事業を立ち上げたい、という企業様を徹底的にサポートします!

お気軽にお問い合わせください。

ロボット導入のご相談はこちら

工場自動化コンサルティング

zisaku(ジサク)

お気軽にお問い合わせください。

また、自動化を行うにあたって知っておくべき事項をまとめた「工場自動化ガイド」を作成しました。これから自動化を行っていきたいと考えている企業様は是非参考にしてみてください。

運営会社について

製造DX.comを運営する株式会社ファースト・オートメーションでは、製造業の業務効率化を支援する様々なサービスを開発提供しています。専門家・技術者向け生成AIツール「SPESILL(スぺシル)」は特に反響をいただいております。ぜひご活用ください!

モバイルバージョンを終了