サイトアイコン 製造DX.com

【話題のGPTs】製造業の安全性を革新するAI – 「ロボ・リスク・アナリスト」をつくってみた

1. ChatGPTの新機能「GPTs」の紹介

OpenAIは、ChatGPTの機能を強化する新たな機能「GPTs」を発表しました。これにより、特定の目的に合わせてカスタマイズされたChatGPTシステムを、コーディングの知識がなくても簡単に作ることが可能となります。OpenAI DevDayで公開されたこの機能は、APIに依存することなく、ChatGPT上で直接システムを開発できることが最大の魅力です。

2. GPTsを駆使した製造業向けツール開発の進化

製造業界における安全管理は、AIの最新の技術進歩によって大きく進化しています。OpenAIが開発したGPTsは、自然言語処理の革新をもたらし、製造業界にカスタマイズされたツール開発を可能にしました。これらのツールは、複雑な言語タスクをこなし、大量のテキストデータから学習して、意味のある、関連性の高いレスポンスを生成する能力を持っています。

3. 「ロボ・リスク・アナリスト」の誕生とその機能

私たちはGPTsで「ロボ・リスク・アナリスト」を開発しました。
「ロボ・リスク・アナリスト」は、ChatGPTの能力を生かした革新的なツールです。製造現場で直面するリスクを素早く特定し、そのリスクを理解しやすい言葉で説明、そして適切なリスクアセスメントを提供します。これにより、従来にないスピードと精度で安全対策を講じることが可能になり、事故の予防とリスクの最小化を実現します。

4. ロボ・リスク・アナリストの操作性と影響

このツールの操作は非常に簡単で、ユーザーは製造ラインの状況を説明するだけで良く、AIがその情報を分析しリスクを評価します。これは、経験豊富な安全管理者がいつもそばにいるかのように、安全な作業環境の維持に貢献し、従業員の命を守りつつ企業の財務負担を軽減する新たな標準となります。

また、製造現場の画像をアップロードすることで、その画像からわかる製造現場の説明と危険源の説明も可能です。

5. まとめとAI活用による職場の安全意識向上

しかし、AIによる自動化が人間の危険意識を薄れさせることへの懸念は残ります。本質的な議論として、危険源の特定と対策策定は人間の直感と経験に基づくべきであり、AIは補助的なツールとして、最終的な決定を下すにあたり、人間の判断を強化する情報を提供します。製造業におけるAIの活用は、リスクの軽減と職場全体の安全意識の向上をもたらし、従業員がより意識的かつ積極的な安全対策を行うことができるようになります。これにより、安全かつ生産性の高い製造現場へと導かれるでしょう。

ChatGPTと連携した専門家・技術者向け生成AIツールで業務を効率化

専門家・技術者向け生成AIツール – SPESILL

専門文書の作成や社内外からのお問い合わせ対応などに課題を感じている、人手不足で業務が逼迫している、埋もれている有益なデータが大量にあるなどのお悩みがあれば是非お気軽にお問い合わせください。

ChatGPT活用、IT導入のご相談はこちら

ChatGPT活用・IT導入サポート

お気軽にお問い合わせください。

ロボット導入のご相談はこちら

工場自動化サポート

お気軽にお問い合わせください。

また、自動化を行うにあたって知っておくべき事項をまとめた「工場自動化ガイド」を作成しました。これから自動化を行っていきたいと考えている企業様は是非参考にしてみてください。

運営会社について

製造DX.comを運営する株式会社ファースト・オートメーションでは、製造業の業務効率化を支援する様々なサービスを開発提供しています。製造業向け生成AIツール「SPESILL(スぺシル)」は特に反響をいただいております。ぜひご活用ください!

モバイルバージョンを終了