基礎知識

ロボット開発に欠かせないROSとは?事例などを交えて解説

本記事ではROS・ROS2について詳しく解説しました。ROSはRobot Operating Systemの略で、ロボット開発ツールやライブラリが含まれているプラットフォームのことです。また、ROSはオープンソースなので改変・再配布も可能。ロボット開発には欠かせない存在です。

治具とは?治具を使った加工例や種類、メリットなどを解説

本記事では治具とはどのようなものかということについて詳しく解説しています。記事内で紹介しているのは、手作業で使用される治具、機械加工で使用される治具、検査用治具の3種類です。それぞれの特徴などについても解説し、さらに治具を使用した場合のメリットについても詳しく紹介しています。

イメージセンサとは?基本的な知識・種類などを分かりやすく解説

本記事ではイメージセンサの方式の違いやそれぞれの特徴について詳しく解説しました。また、国内の主要メーカーについても紹介しています。イメージセンサは光の強弱を電気信号に変換するセンサで、今ではカメラやスキャナなどの身近な製品の中に組み込まれています。製造現場でもイメージセンサを有効活用することで生産性向上が期待できます。

遠隔操作ロボット導入メリットとは?安全に配慮した省人化を!

本記事では遠隔操作ロボットのメリットとデメリットについて詳しく解説しています。遠隔操作ロボットは通信技術の進歩とパンデミック以降に人との接触をしない作業形態が増加したことから、急激に需要が増えてきました。遠隔操作ロボット自体は以前からある技術ですが、まだまだ発展途上という部分もあります。その点を踏まえて導入する必要があるでしょう。

製造業における工程管理とは?5つのメリットと手順を解説!

本記事では製造業における具体的な工程管理とその手順について解説しました。また、主な工程管理システムについても紹介しています。製造業において適正な工程管理を行うことで、生産リードタイムの短縮や生産効率の最適化、品質の維持などのメリットを得られるでしょう。

協働ロボットが必要とされる背景!6つの要因を詳しく解説!

本記事では協働ロボットが必要とされる6つの要因について詳しく解説しています。また、協働ロボットの用途についても紹介しています。協働ロボットは従来の産業用ロボットとは異なり、人と一緒に作業を行える安全なロボットです。人手不足を補うという役割りと考えると、今後は様々な分野で活用されていくでしょう。

いまさら聞けない製造業のバリューチェーンとは?付加価値を高める手法

本記事では製造業のバリューチェーンについて、その概念やメリットについて詳しく解説しています。また、バリューチェーンを最適化している製造業の具体的な事例としてトヨタ自動車と日立製作所の例を取り上げました。バリューチェーンによって製品・サービスの付加価値を大きなものにしていきましょう。

製造業におけるローカル5Gの活用!導入の効果と手順も解説!

本記事では製造業でのローカル5Gの活用方法について詳しく解説しています。これからの製造業の無線通信はローカル5Gになる可能性が高いでしょう。また、ローカル5Gが他の無線通信とはどのような違いがあるのかということについても解説したうえでローカル5Gを導入する手順について紹介しています。

RIPSのドキュメント作成例!約30種類をフェーズ・プロセス毎に解説

本記事ではロボットシステム導入時に標準的な構築プロセスを管理する手法であるRIPSのドキュメントについて、どのようなドキュメントが必要なのかということについて詳しく解説しています。RIPSに必要なドキュメントは約30種類もあるので、各フェーズ、各プロセス毎に分けて準備することをおすすめします。

製造業界の種類について詳しく!主な業種7つと今後の課題!

本記事では製造業界の種類について詳しく解説しています。製造業界を大きく分類すると3つの種類に別けられ、主な業種として7種類を紹介しました。また、今後の日本国内の製造業界における課題として、「労働人口の減少」「IT活用の遅れ」「SDGsへの対応」という3つについても解説しています。