農業でもロボット活用が活発化!―農業危機を脱するため”スマート農業”

    こんにちは。

    ロボットの情報を発信する、ROBoINです。

    今回は、工場を飛び出して、農業の世界もまたロボット活用が盛んであるということについてお伝えしていきます。

    ドラマ『 下町ロケット 』でも農業の自動化(作中ではトラクター)が題材にされていましたね。「農業機械がこれほど関心を集めたことは過去にない」といわれるほどの反響だったのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

    農業危機を脱するに重要な”スマート農業”についてみていきましょう。

     

    ロボット化が進む海外の農業

    農業の世界は、とても人手不足であり、同時に高齢化しています。よって、産業用ロボットの導入による合理化・機械化は欠かせません。

    実際、海外の農業現場では、ロボット化がだいぶ進んでおり、生産力が高くなっています。一方、日本は人力作業がまだまだ多く、大規模農園などの国内の成功事例はそれほど多くないのも現状です。

    日本の農業の生産面での課題

    日本の食料は手をかけて育てられており、非常に美味しく栄養豊富なのは、国際的にもよく知られています。一方で、その「手をかける」という工程が人力であり、人手に頼っている部分があるのは確かです。

    さらに、高齢化もしています。農業分野は後継者が不足気味で、今なお高齢者が手作業で仕事を進めているのです。

    農業には、防除、草刈り、収穫、搬送とさまざまなロボット化できる工程がありますが、ほとんど導入されていません。

    理由はいろいろありますが、組合が野菜を買い取って市場に卸したり、農業器具の手配をしたりする関係上、イノベーションが起きづらいという構造があるのは事実です。

     

    農業分野へのロボット進出

    そんな中でも、ロボットの導入は、若い農業系の起業家たちの間で進みつつあります。都会の狭い場所でも農業ができたり、IoTを駆使して地下で人工の光を使って植物を育てられたり。さまざまなイノベーティブな開発が進んでいます。

     

    たとえば、農業現場に導入されているロボットとしては

    ●上げ下ろしに使える電動昇降カート

    ●人を追跡する移動台車

    ●IoTによる仕組みづくり

    ●収穫ロボット

    ●水流パイプをレールとして移動するロボット

    などがあります。

    画像元:スマート農業の展開ー農林水産省(公式サイト)※外部リンク

    農林水産省でも政策が進められており、今後注目されている分野です。

    『 スマート農業 農林水産省(公式サイト) 』※外部リンク

     

    ロボット化にあたってコスト面の課題を乗り越えるには

    産業用ロボットを導入するにあたっては、コストが発生します。産業用ロボットは決して安いものではないので導入の前に費用対効果の選定が大切です。

    そのため、安いロボットを導入するのではなく、植物を品種改良してコストをかけてもペイする品種を最初から選ぶのも大切になってきます。

    コストに関しては、どうしても必要なものなので、産業用ロボットの導入によって「どれだけ作業負担が軽減されるか」も見るべき項目です。

    なぜなら、農業分野は極度の人手不足状態にあるからです。また、栽培法を産業用ロボット導入で見直せば、それは新たな栽培方法の発見にもつながります。

    よって、産業用ロボットを農業の一部分に導入すれば、業界の自動化も自然と進むこととなるのです。

    単なる荷台だったものがデータを収集

    農園では、移動用の台車が大活躍します。手押しの台車では体に負担がかかるのと人手不足を解消できないので、産業用ロボットの頭脳を搭載した台車を導入すると、効率化と人手不足解消と、省力化が一気に実現できます。

    その台車がデータを収集する、ということもできます。数時間走行して数十万円のロボット台車が、データを収集し、農作業の改善や収穫情報の予測を立てていきます。

     

    データをとることは、たくさんの農作物を収集するうえで何より大切です。ひとつひとつがオーダーメイドの商品とは違い、農作業は量を生産することで、利益が上がります。

    そのため、データの分析がとても大切になってくるのです。ひとつひとつの農作物を機械で見ながら出来を判断し、最終的に人間の頭脳で解決を導く現代的な農業にデータは必要です。

     

    台車がそのデータを収集しながら農園中を動き回り、現場改善の足掛かりになってくれるだけでなく、新しい農業のきっかけや、新し別事業の創造にも一役買ってくれます。

     

    「ロボットによる収穫は8割」を目指す

    収穫ロボットも活躍しています。収穫ロボットは、枝が密集し、採りづらい部分はいっそ採らないという選択もあります。

    センサーで果実を見つけ、採りやすい部分を全体の8割目指して収穫していきます。その後、残りの採りづらい場所の2割は人の手で収穫することで全体のスピードを大きく向上させます。

    また、8割はロボットが採ってくれるのでだいぶ体も楽になることでしょう。

     

    まとめ

    農業分野への産業用ロボットの導入は、諸外国に比べて遅れているとはいえ、足元をみれば確実に進化しています。台車、収穫など、人の作業を代替しながら、徐々にロボットメーカーが付加価値を出して進化し続けているのが現状です。

    省力化するだけでなく、データを収集・分析し、未来の農業を実現しましょう!

    もしも産業用ロボットのことで何か聞きたいことや具体的な事例を知りたいなど、疑問に思われることがあればぜひ、お問い合わせください。

    ROBoINでは、産業用ロボット全般を、お客様へのヒアリング、コンサルティング、市場リサーチ、設計、構築、組立、納品、アフターサポートまで行っております。