ロボット導入を円滑にするSaaS型サービス

要件定義の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、
仕様漏れも無くす工場自動化の要件定義サービスです。

専用ツールはこちら

仕様検討の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、仕様漏れも無くす工場自動化の仕様管理サービスです。

専用ツールはこちら


こんにちは!
産業用ロボットの情報を発信しているROBoINです。[◎△◎]

ROBoINさんって、何かSDGsの取り組みはされてますか?

省エネ&創エネですね。少し前から、背中にソーラーパネルを背負って動いてます。意外と重いから、基本的に動かなくなりました。

近頃、SDGsという言葉をよく耳にするようになりました。紙袋や名刺にもロゴが描かれていたりすると目を引きます。SDGsは全世界で取り組むべき目標ですが、製造業としてはどのように取り組むべきでしょうか。

SDGsは項目が多くて、「具体的に何をすれば良いのかわからない」という声も聞きます。そこで、本記事では製造業が取り組むべきSDGsについて詳しく解説したいと思います。

まだSDGsについて詳しく知らないという場合でも大丈夫。この記事を読んで、今日から少しずつ取り組んでいきましょう。

初心者必見!これを読めば導入に向けて大きく前進!ロボット導入に必要な情報をまとめました!

製造業が取り組むSDGsは4項目!

2016年にスタートしたSDGsでは、2030年までに達成すべき17の目標を定められています。これらは持続可能な社会の発展を目指すというのが最も大きな目標。先進国や途上国に関係なく、全ての人が一丸となって取り組まなければなりません。

17の目標は下記の通りです。

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなに。そしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくり
  12. つくる責任・つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

上記の全ては製造業と密接な関係があります。したがって、17項目全てに取り組み、目標を達成する必要があるでしょう。しかし、特に製造業として取り組んでいかなければならないのがアンダーライン部分の4項目です。

ここでは、製造業として取り組むべき4つの項目について詳しく解説していきましょう。

SDGsが求めるクリーンなエネルギー!製造工場でも実現可能!

7番目の目標として「エネルギーをみんなに。そしてクリーンに」と掲げられている通り、SDGsでは省エネ化クリーンエネルギー化を推進しています。

省エネ化という点では、製造工場の装置や機器を見直してエネルギー効率を上げることや不要なエネルギーを使わない努力をしなければなりません。

たとえば、ライトが常にオフになっている「ライトオフファクトリー」なども製造業が取り組むべきSDGsのと言えます。具体的な事例では中国のフォックスコンではスマート工場化に取り組み、現在ではライトオフファクトリーとなっています。詳しくは「中国におけるスマート工場4つの具体的事例とその背景」の記事をご覧ください。

また、近年ではクリーンなエネルギーが求められています。カーボンニュートラルもその一環です。温室効果ガスによる地球温暖化や資源の枯渇への対策として、環境負荷の低いエネルギーの開発と利用が推進されています。

したがって、製造業においても、クリーンなエネルギーを作り出す創エネへ取り組まなければなりません。これは、13番目の目標である「気候変動に具体的な対策を」とも密接な関係があります。

また、エネルギーとは直接的な関係がありませんが、工場内で使用する資源についても考えなければなりません。たとえば紙などの資源をなるべく使わず、ペーパーレス化に取り組むということもSDGsの目標達成に近付くことになります。

働きがいも経済成長も!SDGsは労働環境改善の取り組みが重要!

8番目の目標に「働きがいも経済成長も」とあります。これは製造業のみならず、全ての業界に必要な目標です。特に資本主義における生産性という点では、経済成長をすることが最も基本的な目標と言えるでしょう。また、経済成長の為には働きがいも必要です。

働きがいは労働者の権利なども含んだ労働環境や労働者のモチベーションに大きく依存します。これらを踏まえた上で製造業ではどのような取り組みを行うべきでしょうか。具体的な取り組み例としては、以下の内容が挙げられます。

  • 危険な作業の削減
  • 長時間労働の削減
  • 従業員の心と体の健康維持
  • 福利厚生の充実
  • 教育による従業員のスキルアップ
  • 低・中所得国での製造を増やして経済成長を促す

上記の内容を考慮すると、製造工程でのロボット導入による自動化・省力化が有効であることがわかります。製造業のSDGsは自動化・省力化によって労働環境を見直すことから始めてみるのもおすすめです。

省力化については、「省力化ロボットの特徴と5つのメリットとは?」の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

SDGsを期に産業と技術革新の基盤を作る取り組みを!

SDGsの9番目の目標が「産業と技術革新の基盤をつくろう」です。製造業において技術革新は永遠のテーマと言っても過言ではありません。技術革新、つまりイノベーションの推進を図る為には何が必要なのでしょうか。

製造業でのSDGsの取り組み例としては次のようなものが考えられます。

  • 産業用ロボットなどの開発
  • 輸送機器の技術革新
  • 建設機械の開発
  • イノベーションの促進を推進する組織づくり
  • 産官学の連携
  • 他企業との協業

特におすすめなのが、産官学の連携や他企業との協業です。特許戦略なども絡めながら、新たな技術を作り出す基盤を作ることができないかということを改めて考えてみてください。

製造業は作る側と使う側!両方の取り組みが必要!

SDGsの12番目の目標が「つくる責任・つかう責任」です。もう少しわかりやすく言い換えるなら、持続可能な消費生産形態ということになります。

製造業界という視点で考えてみるとどうなるでしょうか。もちろん、製造業はつくる側の立場となります。したがって、「つくる責任」。

しかし、製品をつくる場合には必ず何らかの設備をつかう側でもあります。設備だけではなく、電気やガスなどのエネルギーをつかう必要もあるでしょう。したがって、「つかう責任」も付いて回ります。

「つくる側」でもあり「つかう側」でもある製造業として、どのような取り組みができるでしょうか。SDGsでの取り組みとして考えられるのは、次のようなものです。

  • エネルギー消費が少ない設備を使用
  • 環境汚染の発生が少ない設備を使用
  • エネルギー消費の少ない製品を開発
  • 環境汚染の可能性が少ない製品を開発
  • 長期間使用できる製品を開発
  • 再利用やリサイクルを意識した製品開発・設計
  • 生産過程・物流でのエネルギー効率を高める

つまり、「つくる責任」と「つかう責任」は共にエネルギー効率や環境汚染という点を考慮する必要があります。身近なところから取り組んでみてはいかがでしょうか。

製造業がSGDsに取り組む2つのメリット!

製造業におけるSDGsへの取り組みは推進されていますが、義務化されているわけではありません。したがって、取り組むか否かは自社の方針によります。しかし、SDGsに取り組むことでメリットが得られることも確か。

では、製造業がSDGsに取り組んだ場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的には次の2点です。

  • 企業ブランドの好感度が上がる
  • 金融機関から優遇されやすくなる

それぞれのメリットについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

SDGsに取り組むことで企業ブランドの好感度が上がる!

製造業だけに限ったことではありませんが、企業イメージというのは重要な役割りを果たします。その点、SDGsに取り組んでいる製造業というだけで、その企業のブランドとしての好感度は上がるでしょう。

SDGsへの取り組みによって企業の収益が上がることもあるかもしれませんが、収益以上に大きなメリットとなるのが、企業イメージです。

現在、SDGsへの関心は世界中で高まっているということもあり、積極的に取り組んでいることで信頼を勝ち取ることもできます。そう考えると、SDGsへの取り組みは義務に近いと言えるでしょう。

SDGsで金融機関から優遇されやすくなる!

前述した通り、製造業がSDGsに取り組むことで社会的信頼を得ることが可能です。そして、社会的信頼を得ることによって、金融機関からも優遇されます。

また、投資業界では環境・社会・企業統治に配慮している企業を重視する流れもあり、積極的に投資を受けることにつながるでしょう。(ESG投資

一般にSDGsで効果を得るには期間が必要ですが、ESG投資を積極的に取り扱っている投資家はその点についても理解が深いということもあります。したがって、今すぐに結果が出ない製造業でも、長期的な投資の対象となり得るでしょう。

では、実際にSGDsへの取り組みを行っている事例について見ていきましょう。

SGDsへの製造業の取り組み事例

近年、製造業界では多くの企業がSGDsに取り組んでいます。こちらはトヨタのSDGsへの取り組みに関する動画です。日本を代表する製造業のトヨタでは興味深い取り組みを行っているようなので、是非動画を御覧ください。

製造業におけるSDGsの取り組みのメインは、省エネと環境汚染への取り組みが大きいことがよくわかる動画でした。

特にトヨタでは2035年にCO2の排出量を実質ゼロにするということを目標にして取り組んでおられます。難しい取り組みですが、このような企業努力を積み重ねていくことで信頼と実績を勝ち取っていくということがよく理解できます。

SDGsへの取り組みは製造業の義務

ロボット導入のご相談はこちら

本記事では、製造業におけるSDGsへの取り組みについて詳しく解説しました。SDGsでは、持続可能な社会の発展を目指す為に17の目標を定めています。

もちろん17の目標を達成すべきですが、製造業では特に下記の4つの目標が重要です。

  • エネルギーをみんなに。そしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任・つかう責任

製造業におけるSDGsの取り組みは義務ではありません。しかし、社会的な信頼を得るという点においては、義務と言っても過言ではない状況になっています。したがって、身近なところから少しずつ取り組んでみてはいかがでしょうか。

製造工場のSDGsに関するご相談は、ROBoINまでお気軽にどうぞ!

ROBoINでは、産業用ロボット全般を、お客様へのヒアリング、コンサルティング、市場リサーチ、設計、構築、組立、納品、アフターサポートまで行っております。

記事一覧

ロボット導入を円滑にするSaaS型サービス

要件定義の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、
仕様漏れも無くす工場自動化の要件定義サービスです。

専用ツールはこちら

仕様検討の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、仕様漏れも無くす工場自動化の仕様管理サービスです。

専用ツールはこちら

TOP