【ロボット導入事例】複数の作業台に2つの可動式協働ロボットシステムで対応

banner_01

製造DX.comでは工場自動化の事例を紹介しております。参考資料は経済産業省が展開しているロボット事例となりますが、見やすく、わかりやすく、をモットーに初めての方でも問題なくご覧いただける記事制作を行っております。

主な導入内容

導入内容

  • 自動車部品の検査梱包工程に双腕ロボットを導入し、治具取出・検査・トレー梱包を自動化
  • 移動可能な協働ロボットを採用し、ロボットを複数システムに兼用することで導入費を低減

企業情報

  • 中小企業
  • 製造業(科学工業)

導入工程情報

  • 検査工程・梱包工程(ハンドリング)
  • 生産性の向上

生産現場の課題

現状の設備では多品種少量に適していなかった

今回のエンドユーザー様は自動車部品の製造を行っていました。自動車産業は、製造業の中でも自動化が進んでいる傾向にあります。今回のエンドユーザー様も自動化をすでに行っていました。従来は固定式の多関節ロボットを使用し、ひとつの部品に対して、専用のシステムを構築して運用するのが一般的でした。そのため、スペースと費用が大きくなってしまっていたことが問題としてあげられました。また、多品種少量にも適していませんでした。そのため、今回、多品種少量に対応できるロボットシステムの導入を検討しました。

ロボットシステムの導入

【主な導入製品】

  • 双腕ロボット
  • 画像処理カメラ
  • AGV

複数の作業台に対して、2台のロボットで対応する手法を選定しました。そのため、双腕ロボットの架台として、AGVを採用しました。ロボットが移動して、各作業台で作業を行います。協働ロボットである双腕ロボットを選定することにより、安全柵を不要にしたことで、導入スペースを削減することができました。

自動化による効果

本案件は、弊社が設計したものではないため、具体的な導入費用を掲載することができませんが、効果などとしては下記のようになっています。

【主な効果など】

  • 投資回収年数 :約7.9年
  • 生産性    :約1.8倍
  • 導入部門人員 :1人削減
  • 効果     :460万円/年
  • その他の効果 :品質の向上、良品率の向上

※参考動画は本案件のロボットシステムではありません

最後に

検査工程を自動化することで、良品の数が必ず増えます!これは、今まで検査していた人が悪いわけではなく、ロボットが非常に高いため、良品通過率が向上するとされています。人による目視の検査の場合、あいまいな判定はNGとします。それは、製品ロスよりも品質不良が発生させたときのリスクのほうが高いためです。

品質不良が発生した場合、そのロットを全て再検査したり、最悪の場合、世に出回っているものを全回収なんてことも発生する可能性があります。ロボットによる検査の場合、設定した寸法、条件からなる判定基準を持っているため、曖昧さがありません。また、簡単にエビデンス(検査結果)を残すことができる点も大きなメリットですね。

ロボット導入のお問い合わせは製造DX.comまで

自動化を行うにあたって知っておくべき事項をまとめた「工場自動化ガイド」を作成しました。これから自動化を行っていきたいと考えている企業様は是非参考にしてみてください。

ChatGPTと連携した専門家・技術者向け生成AIツールで業務を効率化

専門家・技術者向け生成AIツール – SPESILL

専門文書の作成や社内外からのお問い合わせ対応などに課題を感じている、人手不足で業務が逼迫している、埋もれている有益なデータが大量にあるなどのお悩みがあれば是非お気軽にお問い合わせください。

ChatGPT活用、IT導入のご相談はこちら

ChatGPT活用・IT導入サポート

お気軽にお問い合わせください。

ロボット導入のご相談はこちら

工場自動化サポート

お気軽にお問い合わせください。

また、自動化を行うにあたって知っておくべき事項をまとめた「工場自動化ガイド」を作成しました。これから自動化を行っていきたいと考えている企業様は是非参考にしてみてください。

運営会社について

製造DX.comを運営する株式会社ファースト・オートメーションでは、製造業の業務効率化を支援する様々なサービスを開発提供しています。製造業向け生成AIツール「SPESILL(スぺシル)」は特に反響をいただいております。ぜひご活用ください!

banner_01
記事一覧
広告 広告

関連記事

の最新情報をお届け

厳選した記事を定期配信
キャンペーン情報などをいち早く確認