ロボット導入を円滑にするSaaS型サービス

要件定義の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、
仕様漏れも無くす工場自動化の要件定義サービスです。

専用ツールはこちら

仕様検討の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、仕様漏れも無くす工場自動化の仕様管理サービスです。

専用ツールはこちら


こんにちは!
産業用ロボットの情報を発信しているROBoINです。[◎△◎]

ずっと工場勤務をしているのですが、何か聞きたい事ありますか?

工場勤務はきついって話を聞きますが、実際のところはどうなのでしょう?

工場勤務はきついというイメージが強いようですが、実際はどうなのでしょうか。実際は、「きつい」ということよりも職場の雰囲気仕事の内容がその人に適していれば問題はないかもしれません。

本記事では工場勤務がきついと言われている理由と、工場勤務に向いている人などについて解説しました。

就職・転職で工場勤務を検討中の人には有益な情報です。ぜひ最後まで記事をご覧ください。

工場自動化・ロボット導入に関してお悩みがあれば、お気軽にROBoINまでお問い合わせください!
多数の企業が参加する弊社独自のコミュニティを駆使して、お悩みに沿った最適なご提案をさせて頂きます。

工場と言っても色々な種類がある

工場勤務と言っても工場によって仕事内容などが大きく異なります。では、どのような工場があるのでしょうか。製造工場には実に様々な種類のものがあります。主な業種は下記の8種類です。

  • 製紙・印刷・製本
  • 化学・石油化学
  • 機械・金属・鉄鋼
  • 建築・住宅
  • 食品・飲料
  • 自動車・自動車部品・バイク
  • 製薬・化粧品
  • 半導体・電子・家電

それぞれについて簡単に解説しましょう。

製紙・印刷・製本工場

製紙工場では「パルプ」や「板紙」を加工して下記の製品を製造します。

  • ティッシュペーパー
  • 新聞紙
  • 包装紙
  • ダンボール

実は紙の生産量は世界3位であり、古紙のリサイクルも世界トップクラスです。

印刷にも様々な方式があります。また、印刷と言っても必ずしも紙に印刷するとは限りません。たとえば食品用のカップやペットボトルのキャップなどに印刷する場合など、印刷物も様々です。

製紙・印刷・製本工場は自動化が進んでいる業界です。工場での仕事は主に機械操作や検査・出荷という工程になります。

また、紙は重量物という認識です。しかし、重量物に関しては法令で定められているので、きつい作業というのはほとんどありません。重量物に関しては下記の記事を参考にしてください。

化学・石油化学工場

化学系の工場で製造されている製品はあなたの身の回りにありふれています。たとえばプラスチック合成繊維など、普段からよく使用しているものばかりです。

化学・石油化学工場での仕事も自動化が進んでおり、作業員は機械操作がメインの仕事となります。

化学系ということで作業環境が悪いというイメージがあるかもしれません。しかし、実際は奇麗な工場が多いのできついというイメージとは懸け離れているでしょう。

機械・金属・鉄鋼工場

機械工場では主に産業機械や工作機械を生産します。また、金属・鉄鋼工場は、金属の生産やリサイクルを行う工場です。

金属・鉄鋼工場は単調な工程が多いので自動化が進んでいます。一方、機械工場では手作業でなければ対応できない工程も多く、自動化が進んでいるとは言えません。

建築・住宅工場

建築・住宅工場は建物自体を製造している工場は少なく、主に建築資材を製造している工場です。

建築資材に関しては自動化されている工場もありますが、製品自体が大きく自動化には向かない場合もあります。

食品・飲料水工場

食品や飲料水も工場で製造されています。衛生上の問題もあるので、職場環境は非常に良いでしょう。

食品・飲料水工場では大きな規模の工場が多く、主な業務は製造よりも検品の工程です。多くの工程は自動化されているので、工場勤務がきついという印象はあてはまりません。

自動車・自動車部品・バイク工場

現在、日本の経済を支えているのは自動車関連産業です。ですから、工場と言えば自動車産業という印象が強いでしょう。

日本が世界に誇る産業なので最先端の技術を導入していることは言うまでもありませんが、意外とアナログな部分も多く残っています。下の動画は日産の自動車工場の様子です。

自動車関連は期間工などの募集も多く、稼げる代わりにきついという印象も強いかもしれません。しかし、工場や配属によって大きく異なるので、一概にきついとは言い切れないでしょう。

製薬・化粧品工場

製薬工場は化粧品工場では、ほとんどの工程が自動化されています。したがって、前述した機械工場などとは大きく異なり、人手作業は検品包装関係の工程が主。そのため比較的女性が多く活躍する工場が多く、軽作業という認識です。

半導体・電子・家電工場

世の中の製品に多く使用されているのが半導体部品電子部品です。家電製品の内部にも組み込まれていますし、自動車の制御やパソコンにもなくてはなりません。

半導体に関しては下記の記事で詳しく解説しています。参考にしてください。

半導体部品や電子部品は精密部品なので、クリーンルームなどきれいな環境での作業となります。

また、家電やパソコンなどの工場においても基本的には軽作業です。概ねきついという印象はあてはまらないでしょう。

工場と言っても多くの種類があり、きついという印象が少ないように感じました。
なぜ「きつい」と言われるのでしょう?

工場勤務がきついと言われる3つの理由

工場勤務がきついと言われる理由として考えられるのは下記の3点です。

  • 単純作業が多い
  • 体力仕事が多い
  • 生活が不規則

それぞれについて、もう少し詳しく解説しましょう。

工場勤務は単純作業を続けるのがきつい

一般的に工場勤務は単純作業というイメージが強いようです。また、流れ作業によって仕事に追われるイメージもあるかもしれません。

単純作業を長時間続けていると集中力が低下し、眠くなってくるという経験をされた方も多いのではないでしょうか。実際に単純作業を続けるというのはきついと言えます。

また、流れ作業の場合は次々と仕事をこなし続けなければならないので、精神的にもきついでしょう。

しかし、近年は自動化ロボット化によって単純作業は減っています。単純な作業はロボットが行い、ロボットでは難しい作業を作業員が実施するという工場が増えてきました。

したがって、「工場勤務=単純作業」という図式が成り立たなくなり、きついイメージも徐々に減ってきています。

工場勤務は体力仕事だからきつい?

工場勤務と言えば体力仕事というイメージが強いようです。しかし、それは一昔前の工場のイメージ。確かに、立ち仕事歩くことが多い工程ではきついと感じるかもしれません。ただし、体力仕事というわけではありません。

前述した通り重量物の取り扱いについては法令で定められています。また、したがって、体力仕事と呼ばれるもの自体がかなり減っているでしょう。

ただし、産業医の立場から推奨されている重量物の目安は以下の通りです。

  • 成人男性:体重の40%以下かつ25kg未満
  • 成人女性:体重の24%以下かつ20kg未満

25kgの物を運ぶ仕事が1日に数回あったとしても、きついことには違いありません。

そのような場合も、今後は自動化・ロボット化することで改善していくことが予測されます。

工場勤務の交替勤務などは不規則な生活できつい?

24時間稼働している工場では交替勤務を取り入れているところが多いでしょう。また、繁忙期の残業などにより不規則な生活を強いられることも多々あります。

しかし、近年は働き方改革が進み、勤務時間などについては法規制が厳しくなりました。ですから、以前のように残業続きや休日が取れないということはほとんどありません。

確かに交替勤務は体が慣れるまできついと感じるかもしれませんが、平日の昼間に自由な時間が取れるなど多くのメリットもあります。

よって、不規則な生活がきついと感じることは以前よりは格段に少なくなってきているでしょう。

近年、工場勤務がきついと感じる人は確実に減っています。
ただし、工場勤務には適正もあるので一概には言えませんが。

工場勤務が向いている人、向いていない人

工場勤務に向いている人・不向きな人は、次のような人です。

【工場勤務に向いている人】

  • 単純作業が好きな人
  • 体力に自信がある人

【工場勤務に不向きな人】

  • 単純作業が苦手な人
  • 体力に自信が無い人
  • 大きな出世を狙っている

それでは、もう少し詳しく見ていきましょう。

工場勤務に向いている人

現在の工場では単純作業をロボットに切り替えていますが、まだ手作業が残っている工場も多いのが現状です。ですから、配属によっては長時間の単純作業をしなければならないので、単純作業が好きという人には工場勤務が向いているでしょう。

また、前述した通り、体力の必要な作業もかなり減っています。しかし、ある程度の重量があるワークを扱う工場では体力が必要となる局面も出てくるでしょう。したがって、体力に自信がある人は工場勤務が向いています。

工場勤務に不向きな人

一方、工場勤務に向いていない人は、前述した単純作業や体力的な部分に不安を感じている人です。また、それ以外にも仕事で評価を得て、工場内で出世したいと考えている人も難しいかもしれません。

工場の作業員として入社した場合はなかなか努力を評価されない職場が多く、大きく出世することは難しいからです。また、工場勤務では人付き合いも難しい側面があり、その辺りも出世のネックとなるかもしれません。

工場勤務の向き・不向きは良く理解できました。
その他に注意点はありますか?

工場勤務を選ぶ際の3つの注意点

工場勤務を検討する際には以下の3点に注意してください。

  • 会社としての安定性をチェック
  • 勤務体系を確認
  • 工場勤務への適正を自己分析

重要なことは工場自体ではなく、会社としての安定性です。工場への転職・就職を検討する場合には、工場単体で考えるのではなくその会社やグループ企業などについてもチェックしておきましょう。工場に入社しても仕事が不安定な業界では長く勤めることはできません。

特に勤務体系について知っておくことは重要です。会社としては安定していても、勤務体系において不確定要素が多い工場では長く働けません。シフトの有無や年間休日、キャリアアップの可能性などについても調べておくのがおすすめです。

また、あなたが工場勤務に向いているのか、そうでないのかということも自己分析する必要があります。入社してから適性が無いことに気付くこともありますが、やはり時間の無駄です。

あなたが工場勤務に向いているのであれば、入社時の面接においてもアピール材料となります。そういった点でも向き・不向きの自己分析は必要です。

工場勤務を検討の際には、会社の安定性・勤務体系・工場勤務への適正をチェックしましょう!

まとめ

本記事では、工場勤務がきついということについて考えてみました。結論としては、工場勤務は配属によってはきつい場合があります。しかし、近年は法改正や働き方改革によって以前よりも「きつい」ということはなくなってきました。

工場勤務がきついと言われる理由として考えられるのは、主に次の3点です。

  • 単純作業が多い
  • 体力仕事が多い
  • 生活が不規則

ただし、前述したように自動化ロボット化、法改正、働き方改革などの理由によって大きく改善されつつあります。

上記を踏まえて言えることは、工場勤務には適正があるということです。工場勤務に向いている人は以下のような人材でしょう。

  • 単純作業が好きな人
  • 体力に自信がある人

一方、工場勤務に不向きな人は下記に該当する人になります。

  • 単純作業が苦手な人
  • 体力に自信が無い人
  • 大きな出世を狙っている

また、工場勤務を検討する際に注意しなければならないのは以下の3点でした。

  • 会社としての安定性をチェック
  • 勤務体系を確認
  • 工場勤務への適正を自己分析

工場勤務は「きつい」というイメージが未だに強く残っていますが、実際はそういう工場ばかりではありません。就職・転職の際にはよく検討してください。

工場の自動化・ロボット化に関するご相談は、ROBoINまでお気軽にどうぞ!

ROBoINでは、産業用ロボット全般を、お客様へのヒアリング、コンサルティング、市場リサーチ、設計、構築、組立、納品、アフターサポートまで行っております。

記事一覧

ロボット導入を円滑にするSaaS型サービス

要件定義の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、
仕様漏れも無くす工場自動化の要件定義サービスです。

専用ツールはこちら

仕様検討の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、仕様漏れも無くす工場自動化の仕様管理サービスです。

専用ツールはこちら

TOP