工場にIoT導入をする際の注意点とメリットを丁寧に考えてみる

    こんにちは。

    産業用ロボットの情報を発信するROBoINです。

    今回は、IoT Internet of Things:モノのインターネット)についてお届けしていきます。IoTとは何で、製造業ではどのように使われ、どんなメリットと注意点があるのか、みていきます。

     

    IoTとは?

     

    IoTとは、あらゆるモノがインターネットに接続した製品をいいます。一般向けに流行りましたが、製造業の工場でもたくさん導入されています。一般向けでは、雨が降っている日は傘立てがポンと傘を押し出してくれる“傘立てIoT“や、目覚まし時計がその日の天気を知らせる時計IoTなど、たくさんあります。

     

    そんなガジェット感覚で導入できるイメージのあるIoTですが、製造業でも多く使われています。しかし、ガジェット気分だからといってコストが安いとは限らず、一般向け製品と違ってIoTそのものを大量生産することがあまりないため、費用はそれほど低くないので注意が必要です。

     

    工場では、CPUがあり、センサーが搭載され、クラウドにも接続できるIoTデバイスが活躍し、センサーの種類によっても、価格はピンキリです。また、それぞれ工場にフィットさせるための開発・設計費が必要になってくるので、人件費も考慮すると安いものではありません。

     

    IoT導入時のメリット

     

    メリットは、生産ラインの監視がしやすくなる点です。IoTデバイスが工場にあれば、センサーで監視し、データをクラウドに集約し、AIで分析して、即座に生産ラインを止めたり、微調整したり、キャリブレーションを行ったりできます。

     

    また、在庫を監視したり、量を計測したりなど、さまざまなことに使えますので、もう無限にできることはあります。自社工場がこれまで人力で行っていた作業を、IoTで代替して一気に生産性を上げることもできますし、同時にコストダウンも可能です。

     

    IoT導入時の注意点

     

    ●大量データをクレンジングすること

     

    そんな製造業IoTですが、導入には注意点もあります。まず、センサー=デバイス=クラウド=AIという形でつながっているIoTですが、クラウドにアップする前にデータをクレンジングしないと、通信費がとてつもないことになってしまいます。ただし、デバイスにはCPUが載っていますが、それほど性能が高いCPUではありません。IoTは基本的に小型ですし、ハードに使われますから最先端のCPUよりも低い性能のCPUのほうが向いているからです。

     

    データクレンジングをしないと、通信費だけでなく、大量のデータが送られてきては即時性に支障がでます。つまり、スピードが落ちて、リアルタイムで反応しなければ意味がないIoTにおいて、生産ラインへうまくリアルタイムに働きかけられなくなるのです。

     

    ●小さく試すこと

     

    IoTは、これが定型といった形が存在するわけではなく、多種多様な形を持ちます。そこで、あまりに大掛かりなIoTの仕掛けを作ってしまうと、市場の変化に対応しきれないという部分があります。よって、小さく試す、スモールスタートで試してみるのがおすすめです。

     

    マーケットの変化を見ながら、トライ&エラーを繰り返しつつ、環境を整えていくのが一番で、小さく、変化しながら、顧客ニーズとともに成長していくのが理想形です。実はIoTを使ったビジネスはスピードも大切で、早くてマーケットフィットした製品を設計・ポリシー・課題を整理しつつ、解決していきます。

     

    IoTは、製造業のDX

     

    IoTは、製造業のDXといえます。DXとはデジタル・トランスフォーメーションのことで、デジタルによって生産性を高める取り組みです。ホワイトカラーの仕事で使われるようなイメージのあるDXですが、実際には工場の生産現場でも多く使われています。

     

    DXは、5G、クラウド、AIIoT、ソーシャルメディアを使用してのデジタル変革ともいえます。いま、もっとも勢いがあるデジタルのバズワードで、2018年には経済産業省が、2019年には総務省が、そして2020年には、菅内閣がDXを推進したことからも、大変な注目を集めています。

     

     

    ・最後に

     

    IoTは進化を続けています。そして、一般向けのように単体で動くものもあれば、複数のIoTがコラボして動くものもあります。ひとつでも故障したら生産ラインが止まってしまうので、設計はかなり信用できるものでなければなりません。

     

    そこで、ROBoINがお手伝いできればいいなと考えています。IoTを工場に導入する際、工場の生産ラインが止まっては、生産だけでなく出荷もできなくなり、会社の売り上げが止まってしまいます。IoTは基本的に小さめの部品ではありますが、有事の際の被害範囲は甚大です。よって、IoTの構築はプロに頼むのが一番です。そして、どのプロに頼むかも、たいへん重要になってきます。

     

    そんなとき、ROBoINなら、お役に立てますので、ぜひお問い合わせ下さい。豊富な知識と実績と、導入経験があるスタッフが、選ばれた責任とともに、ヒアリングさせていただきます。重要な機能だからこそ、高度な知識と技術を持った業者を選ぶのがもっとも大切な第一選択になってきます。ROBoInなら、手前味噌ながらその点は非常に安心です。