農業の自動化”スマート農業”で使われてる技術とは?高齢化が深刻な農業に進化を!

    こんにちは!産業用ロボットの情報を発信しているROBoINです。[◎△◎]

    今回は、スマート農業に使われている技術についてまとめていきます!

    「スマート農業って耳にするけど、どんな感じ?」「実際限られた作業だけでしょ?」
    そんなあなたの疑問を解決するためのコラムとなっています!

    ロボット導入に必要な情報、進め方をおまとめしましたので、合わせてお読みください。
    ロボット導入に必要な情報や進め方はこちら⇒
    『初心者必見!これを読めば導入に向けて大きく前進!ロボット導入に必要な情報をまとめました!①』

    ①スマート農業とは?

    スマート農業とは、ロボットシステムIoTを活用して、生産性を向上させている農業のことです。
    農業は、広い面積を管理しないといけなかったり、常に作物のことを心がけるため、時間も要します。
    そのため、人手不足であり、昨今では、高齢化も深刻化しています。

    海外では、既に導入が進んでいて、幅広い工程で運用されロボットたちが活躍しています。

    日本は、世界的に見ても作物に手をかけて育てているため、栄養豊富で美味しいことが知られています。
    その反面、日本は特にスマート農業に注目するべき立場であるといえます。

    そんなスマート農業に使われているシステムを具体例をあげて、見ていきましょう。

    ②ドローンを使った農地の管理

    農業では常に作物を育てる場所である”農地”が必要ですよね。
    作物や作物の種類によっては、広大な農地を必要とします。

    広大な農地を人手で管理するのは、非常に手間がかかり、時間を要します。
    海外では、その手間と時間を省くためにドローンを利用している農家が増えています。

    ドローンとは無人航空機のことです。
    航空機といっても一般的にドローンといえば、小型なものを指すことが多いです。

    そんなドローンで管理できることは主に、以下の通りです。

    1. 作物の生育状況の確認
    2. 土壌の状態を確認
    3. 指定の範囲に指定した量の農薬を散布

    また、確認した状況は、画像や、数値で確認することができます
    例えば、作物の育成状況によって色分けして確認することができたり、分析することができます

    ③センサ技術による自動検出

    農業の作物には、エラーや故障はありません。
    その代わり、害虫による虫害や、病気が発生してしまいます。

    そういった、作物に対する異常をセンサにより自動検出することが可能です。
    可視光や近赤外線で反射する光の波長を感知して、状況を分析します。

    センサによって自動検出できる内容は以下の通りです。

    1. 生育状況の確認
    2. 栄養状態の確認
    3. 土壌の水分状況の確認

    栄養状態の確認ができることは非常に大きく、自身の作物が優れていることを証明する材料にもなります。
    勿論、得られたデータを分析することにより、更なる環境づくりが可能になります。

    ④得られたデータを使って自動制御

    センサやドローンを活用して得られたデータを使って、生育を自動制御することができます。

    一番わかりやすい例では、温度や湿度、二酸化炭素濃度の管理が当たります。
    これらを管理することにより、作物の病気などを未然に防ぐことができます。

    また、海外のベンチャー企業の中には、数値データを軸に農家へアドバイスを行っている企業もあり、
    農業に必要な熟練度が格段に下がっています

    ⑤スマート農業の可能性

    前述の内容以外にも、作物を自動で収穫できるロボット等も続々と開発されています。

    そんな中、気になるところはやはり、実用性でしょう。
    結論から、実用性は“大いにある”といえます。

    例えば、オランダでは、自動制御技術を用いて世界第2位の農業大国に成長しました。
    「海外は国の面積が大きいから・・・」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、
    実は、オランダの国土面積は、日本の九州とほぼ同じ広さで、農地面積は、日本の半分以下です。

    そんなオランダでは、一般農家でも自動制御システムにより、農作物に与える肥料や水分などを制御しています。
    また、環境を完全に管理された大規模なビニールハウスがあり、そのハウス内では、天候、日照時間に関わらず、
    年間を通して作物を生育することができます。
    害虫や病気とは無縁で、農薬を使うこともない、非常に質の良い作物が生育できます。

    ロボットに関するご相談はROBoINまで

    いかがだったでしょうか。

    「もうちょっと知識を深めたい」という方はこちらのコラムをご覧ください!
    『初心者必見!これを読めば導入に向けて大きく前進!ロボット導入に必要な情報をまとめました!①』

    「たくさん必要なものがあってわからない!」「これであってるのかな?」といった疑問や不安ある方、
    ROBoINでは、無料でご相談できますので、ぜひお問い合わせください!
    難しい課題を抱えている場合でも、高い技術力を持ったロボットシステムインテグレータは対応可能です。
    どの種類の産業用ロボットのご相談も大歓迎です。

    また、まったく未知の相談であっても、豊富な知識と経験で、お手伝いできます!

    Twitterアカウント開設しました!ぜひお気軽にフォローよろしくお願いします!