【ロボット導入事例】屋内における寸法測定に自走式ロボット導入!測定ミスを0へ

【ロボット導入事例】屋内における寸法測定に自走式ロボット導入!測定ミスを0へ
banner_01

製造DX.comでは工場自動化の事例を紹介しております。参考資料は経済産業省が展開しているロボット事例となりますが、見やすく、わかりやすく、をモットーに初めての方でも問題なくご覧いただける記事制作を行っております。

主な導入内容

導入内容

  • 手作業で行っていた測定を3自走式ロボットで自動測定
  • GPSを使用できないエリアでSLAM技術を使用し自動化を実現

企業情報

  • 中小企業
  • 建設業(設備工事)

導入工程情報

  • 検査工程(測定作業)
  • 労働生産性の向上

生産現場の課題

手作業では測定ミス、写しもれが発生することも多く、納期遅延などの障害が発生していた

今回のエンドユーザー様は事業の一環として、設備工事を行っていました。設備工事には、現場の図面が必要不可欠です。施設内には、既に機器を設置したり、資材を置いている場合もあります。そのため、建設時の図面ではなく、実現場の情報が必要でした。しかし、屋内ではGPSが精度よく作動しないため、手作業での測定を余儀なくされていました。手作業では測定ミスはもちろん、写しもれが発生することも多く、結果として、納期遅延などの障害が発生することがありました。そんな課題を取り除くため、今回、自動化を検討しました。

ロボットシステムの導入

主な導入製品

  • 自走式ロボット
  • 3Dスキャナ
  • 3Dカメラ

今回の事例では、3Dスキャナを搭載した自走式ロボットにより、環境地図(施工図面)の作成を実現しました。位置情報はGPSではなく、自己位置の推定に外界センサからのフィードバック情報を使うSLAM技術を用いて実現することができました。また、3Dカメラを搭載することで、図面作成と同時に、屋内全体の写真を撮影することができるようになりました。

結果、ボタンを数回押すだけで、現場内を15分間程度で測定できるようになり、点群データを作成することができるようになりました。精度に関しては、10000mm±4と、非常に高い精度を得ることができ、手作業での測定と比べ、格段に精度を向上させることができました。

自動化による効果

本案件は、弊社が設計したものではないため、具体的な導入費用を掲載することができませんが、効果などとしては下記のようになっています。

【主な効果など】

  • 投資回収年数 :約3年
  • 生産性    :約2.2倍
  • 導入部門人員 :1人削減
  • 効果     :500万円/年
  • その他の効果 :品質の向上

※参考動画は本案件のロボットシステムではありません

ロボット導入のお問い合わせは製造DX.comまで

自動化を行うにあたって知っておくべき事項をまとめた「工場自動化ガイド」を作成しました。これから自動化を行っていきたいと考えている企業様は是非参考にしてみてください。

ChatGPTと連携した専門家・技術者向け生成AIツールで業務を効率化

専門家・技術者向け生成AIツール – SPESILL

専門文書の作成や社内外からのお問い合わせ対応などに課題を感じている、人手不足で業務が逼迫している、埋もれている有益なデータが大量にあるなどのお悩みがあれば是非お気軽にお問い合わせください。

ChatGPT活用、IT導入のご相談はこちら

ChatGPT活用・IT導入サポート

お気軽にお問い合わせください。

ロボット導入のご相談はこちら

工場自動化サポート

お気軽にお問い合わせください。

また、自動化を行うにあたって知っておくべき事項をまとめた「工場自動化ガイド」を作成しました。これから自動化を行っていきたいと考えている企業様は是非参考にしてみてください。

運営会社について

製造DX.comを運営する株式会社ファースト・オートメーションでは、製造業の業務効率化を支援する様々なサービスを開発提供しています。製造業向け生成AIツール「SPESILL(スぺシル)」は特に反響をいただいております。ぜひご活用ください!

banner_01
記事一覧
広告 広告

関連記事

の最新情報をお届け

厳選した記事を定期配信
キャンペーン情報などをいち早く確認