部品を一部設計変更しロボットのスペックを最大限に生かす!ーロボット導入事例35

    こんにちは!産業用ロボットの情報を発信しているROBoINです。[◎△◎]

    今回も、ロボット導入事例を掲載していきます。
    参考資料は経済産業省が展開しているロボット事例となりますが、見やすく、わかりやすく、をモットーに嚙み砕いてまとめていきます。

    みなさんの困りごとに対しての解決方法となれば幸いです。

    ①主な導入内容

    【導入内容】
    ・ニット横編機の糸切れ検知装置の組み立て加工工程にロボットを導入
    ・部品形状や作業手順を見直し、ロボット動作に適した部品と工程に設計変更しロボット化

    【企業情報】
    ・大企業
    ・製造業(生産用機械器具)

    【導入工程情報】
    ・組立工程(ハンドリング)
    ・労働生産性の向上

    ②導入前(生産現場の課題)

    今回のエンドユーザー様はニット横編機の糸切れ検知装置の製造を行っていました。

    従来、手作業により27点もの細かい部品の取り扱いっており、
    更に、作業工程数は16工程もあり、非常に維持が難しい状態でした。

    また、その内容からも、専用機による自動化が困難で、
    柔軟な動作に対応できる熟練作業者の手作業に依存していました。

    工程の内容から、手作業では、これ以上改善が見込めないことや、
    現状の工程数からも作業者の人数を削減することが困難であるのに対して、
    昨今の人で不足により、人員の確保が難しくなってきたため、自動化を検討しました。

    ③ロボットシステムの導入

    【主な導入製品】
    ・垂直多関節ロボット
    ・直交ロボット

    今回の組立システムは、高度な3次元の動きを要求されていたため、垂直多関節ロボットが採用されました。

    従来の作業工程を1から見直し、部品形状、作業手順をロボットの動作に適した、
    部品、工程に設計変更を施し、自動化に対応しました。

    組立作業には、組付基準が必要です。
    専門的な内容になってしまいますが、組立作業は、どこを掴み、どこのピン(又はボルトなど)を目掛けて、
    どのような軌跡を描いて組み付くか、そんな些細な条件が非常に重要になってきます。

    例えば、ある樹脂製品があったとして、なぜか何も用途がない凸形状や穴があったりした経験はありませんか?
    それらは、組立時の組付基準として使われたり、ロボットが掴む際の基準として使われているケースがあります。

    このように、高速かつ高精度で稼働できるロボットを実現するために、
    一部、組付基準等を検討する必要があります。

    ④自動化による効果

    本案件は、弊社が設計したものではないため、具体的な導入費用を掲載することができませんが、効果などとしては下記のようになっています。

    【主な効果など】
    投資回収年数 :約5.5年
    生産性    :約3.0倍
    導入部門人員 :5人削減
    効果     :1200万円/年
    その他の効果 :生産性の安定、良品率の向上

    ※参考動画は本案件のロボットシステムではありません

    ロボット導入のお問い合わせはROBoINまで

    いかがだったでしょうか?

    ロボット導入について「もうちょっと知識を深めたい」という方はこちらのコラムをご覧ください!
    『初心者必見!これを読めば導入に向けて大きく前進!ロボット導入に必要な情報をまとめました!①』

    産業用ロボットにまつわる質問・疑問や概算見積りのご相談がありましたら、ぜひROBoINまでお問い合わせください。
    今回の事例のような課題を抱えている場合でも、高い技術力を持ったロボットシステムインテグレータ様は対応可能です。
    どの種類の産業用ロボットのご相談も大歓迎です。

    また、まったく未知の相談であっても、豊富な知識と経験で、お手伝いできます!

    Twitterアカウント開設しました!ぜひお気軽にフォローよろしくお願いします!