メッキ工程を双腕ロボットが代替!作業者を過酷環境から解放!ーロボット導入事例57

    こんにちは!産業用ロボットの情報を発信しているROBoINです。[◎△◎]

    今回も、ロボット導入事例を掲載していきます。
    参考資料は経済産業省が展開しているロボット事例となりますが、見やすく、わかりやすく、をモットーに嚙み砕いてまとめていきます。

    みなさんの困りごとに対しての解決方法となれば幸いです!

    ①主な導入内容

    【導入内容】
    ・ロボット化の進んでいないメッキ業界における製品着脱・整列ロボットシステム導入
    ・双腕ロボットでダイカスト製品をメッキ治具に装着する熟練作業者作業をロボットで代替

    【企業情報】
    ・中小企業
    ・製造業(家具)

    【導入工程情報】
    ・塗装工程(ハンドリング)
    ・生産性の向上

    ②導入前(生産現場の課題)

    今回のエンドユーザー様は事業の一環として、ドアノブの製造を行っていました。

    成型方法はダイカスト成型で行われており、材質もアルミニウム合金と、
    錆びず、長期に渡り見栄えの良さを維持できるものです。

    しかし、アルミニウムが錆びないのは、酸化し保護膜を自ら作り内部を保護しているためです。
    人の手が触れたり、汚れてしまう場所では、その汚れが”腐食性水溶液”と変化し、
    保護膜である酸化被膜を溶かしてしまいます。

    そのため、ダイカスト成型後、アルマイト処理または、メッキ処理を行う必要があります
    今回のエンドユーザー様は、メッキ処理を行っていました。

    メッキ工場の環境は悪く、高温・多湿の中でメッキ治具に手作業でダイカスト製品をセットする必要がありました。
    もちろん、治具から製品を取り外す作業も必要で、それら作業を繰り返し行っていました

    ③ロボットシステムの導入

    【主な導入製品】
    ・双腕ロボット
    ・画像処理カメラ
    ・治具供給装置

    今回の双腕ロボットを活用した自動化システムは、治具供給装置からメッキ用の治具をハンドリングを行い、
    その後ダイカスト製品を自動でハンドリングし、メッキ用の治具に自動装着し、
    メッキ治具を指定の供給装置に戻どすまでの一連の動作を自動化することができました。

    単独アームでは、自動化が難しいとされていたメッキ治具のセットは、
    双腕ロボットと、形状確認のためのカメラにより、自動化を実現することができました。

    ④自動化による効果

    本案件は、弊社が設計したものではないため、具体的な導入費用を掲載することができませんが、効果などとしては下記のようになっています。

    【主な効果など】
    投資回収年数 :約3.0年
    生産性    :約4.5倍

    導入部門人員 :2人削減
    効果     :600万円/年
    その他の効果 :品質の向上、過酷作業からの解放

    ※参考動画は本案件のロボットシステムではありません

    ⑤最後に

    双腕ロボットは、アームが2つとなるため、従来の単独アームのロボットよりも
    より複雑な作業が行えるようになります。

    従来のロボットシステムでは、アームを補うために特殊治具の設計、
    特殊システムの設計が必要不可欠でしたが、双腕ロボットの進化により、
    ハードウエアの特殊設計が不要となり、よりシンプルにロボットシステムインテグレーションを行うことが出来るようになりました

    以前諦めていた自動化でも、技術が進歩した今なら夢が叶うかもしれませんよ!

    ロボット導入のお問い合わせはROBoINまで

    いかがだったでしょうか?

    ロボット導入について「もうちょっと知識を深めたい」という方はこちらのコラムをご覧ください!
    『初心者必見!これを読めば導入に向けて大きく前進!ロボット導入に必要な情報をまとめました!①』

    産業用ロボットにまつわる質問・疑問や概算見積りのご相談がありましたら、ぜひROBoINまでお問い合わせください。
    今回の事例のような課題を抱えている場合でも、高い技術力を持ったロボットシステムインテグレータ様は対応可能です。
    どの種類の産業用ロボットのご相談も大歓迎です。

    また、まったく未知の相談であっても、豊富な知識と経験で、お手伝いできます!

    Twitterアカウント開設しました!ぜひお気軽にフォローよろしくお願いします!