ロボット導入を円滑にするSaaS型サービス

要件定義の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、
仕様漏れも無くす工場自動化の要件定義サービスです。

専用ツールはこちら

仕様検討の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、仕様漏れも無くす工場自動化の仕様管理サービスです。

専用ツールはこちら


こんにちは!
産業用ロボットの情報を発信しているROBoINです。[◎△◎]

今やセキュリティ対策は、個人がやって当たり前って言われるじゃないですか。でも、結構難しい問題ですよね。

確かに、セキュリティ問題は難しいですね。工場の場合は更に難しいですよ。

昨今は誰でもインターネットに接続できるようになり、個人レベルでのセキュリティ対策が求められます。それは工場でも同じ。しかも、工場の場合は個人レベルのセキュリティ問題よりも複雑な機器や重要な情報が多く、その比ではありません。

そこで本記事では、工場のセキュリティに関する下記3点について解説しました。

  • 工場が抱えるセキュリティ問題
  • 工場のセキュリティ対策が難しい理由
  • セキュリティ対策手順

セキュリティ対策はキリがありませんが、できる限りのことはやっておきたいものです。是非、記事を最後までご覧になり、工場内で起こり得るセキュリティ問題を解決しましょう。

初心者必見!これを読めば導入に向けて大きく前進!ロボット導入に必要な情報をまとめました!

工場が抱えるセキュリティ問題とは?

まず、工場が抱えるセキュリティ問題について考えてみましょう。

工場内で考えられるセキュリティ問題として主に考えられるのは次のような問題です。

  • 外部侵入による窃盗
  • 内部からの不正持ち出しによる漏洩、損害
  • ネットワークを介した不正侵入
  • ウイルスなどの脅威
  • 技術データや生産マニュアルなどの機密データの流出

上記は大きく「物理的な盗難」「サイバー攻撃」に分けることができます。それぞれについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

工場への外部侵入というセキュリティ問題

外部侵入や不正持ち出しに関しては基本的には物理的な窃盗です。被害の大きさは窃盗の対象物によって異なりますが、物理的に物が無くなるので被害内容がわかりやすいという特徴があります。

被害内容がわかりやすいので、その後の対処方法も比較的わかりやすいでしょう。

外部侵入に対するセキュリティ対策としては、最も簡単かつ有効的な手段となるのが監視カメラの設置です。工場に監視カメラを設置することで防犯だけではなく生産性の向上にもつながるので設置をおすすめします。

工場の監視カメラ活用事例については、下記の記事を参考にしてください。

また、データの持ち出しなどにの被害についても、監視カメラが有効でしょう。ファイル操作などの記録が残っている可能性も高いので、ある程度の対策が可能です。

一方、その他は広い意味でのサイバー攻撃となります。

工場におけるサイバー攻撃のセキュリティ問題とは?

近年はデジタル化・ペーパーレス化が進み、図面や資料などは全てパソコンやサーバーの中にデジタルデータとして格納されています。つまり、目には見えない情報資産です。情報資産は目に見えないことで分かり辛い反面、資産価値が高いという特徴があります。

つまり、サイバー攻撃による被害は分かり辛いだけでなく、被害を受けた時の被害額が大きくなるというリスクに晒されています。

問題はそれだけではありません。

しかも、サイバー攻撃というセキュリティ問題は手口が巧妙化し続けています。したがって、最も大きな問題はセキュリティ対策が難しいという点です。

工場へのサイバー攻撃はどうしてセキュリティ対策が難しいのでしょう?

工場でのセキュリティ対策は難しい!考えられる5つの問題とは?

サイバーセキュリティということ自体が難しいものだということは肌感覚的にわかっている方も多いでしょう。しかし、それに輪をかけて難しいのが工場におけるセキュリティ対策です。

工場におけるセキュリティ対策が難しい理由として考えられるのは次の5点。

  • IoT機器自身にセキュリティ機能がない
  • 他社の工場や倉庫などとシステムがつながっている
  • ライン変更や装置交換などが頻繁に行われる
  • テスト環境を準備できない
  • 既存システムに影響する可能性がある

それぞれについて、もう少し詳しく解説してきましょう。

工場に導入しているIoT機器にセキュリティ機能がない

工場のデジタル化に伴い、センサーやロボットなど多くのIoT機器を使用するようになりました。しかし、残念ながら多くのIoT機器にはセキュリティ機能が搭載されていません。

工場内で最も数が多いのが小型センサーです。最近の小型センサーにはネットワーク機能がありIoT機器として使用できますが、セキュリティは甘いと言わざるを得ません。

なぜなら、IoT機器を介したサイバー攻撃を受ける可能性があるからです。したがって、IoT機器ではなく接続しているネットワーク側でセキュリティ対策を行う必要があります。

他社の工場とつながっているとセキュリティ対策が難しい!

工場がスマートファクトリー化されることで、工場単体ではなく

  • 他の事業所
  • 他社工場
  • 倉庫
  • サプライヤー
  • 物流業者

など他のネットワークと接続されていることが多いでしょう。海外の工場とつながっている場合も少なくありません。

特に他社工場などのIoT機器とネットワーク上でつながっている場合には、前述したようにIoT機器を介してサイバー攻撃を受ける可能性があります。

しかし、実際は自社以外のところまでセキュリティ対策を行うのは難しいでしょう。これは工場のセキュリティが抱える大きな問題です。

他社を巻き込んだセキュリティの問題となると、信用に関わります。今後の取引きや売り上げにも大きく関わるかもしれません。そのようなことが起こらないようにできる限りの対策を行う必要があります。

工場内のライン変更などでセキュリティ対策も変更が必要

生産工場では品質向上や商品の改良や品種の変更などにより、

  • ライン変更
  • レイアウト変更
  • 装置の交換・改造

ということが頻繁に発生するでしょう。近年は多品種少量生産が当たり前になっているだけでなく、頻繁に新商品が開発されています。新商品の製造には何らかの製造ラインの変更が発生することはしかたがないことでしょう。

しかし、その度に今まで行っていたセキュリティ対策にも変更を加えなければなりません。工場設備が変わる度にセキュリティシステムの変更を行うのは手間が掛かります。

また、工場におけるセキュリティ対策にはテストも必要となりますが、テストを行うことも難しい状況です。

セキュリティ対策に必要な工場のテスト環境が準備できない

セキュリティ対策のテストを行うには、実際のシステムを使わなければなりません。しかし、実際のシステムが生産中であればテストを行うことが出来ない状況です。

セキュリティ対策のテストを行わなければならないのにテストの環境が無いというのは大きなデメリット。時間的な余裕がある場合には問題にはなりませんが、緊急を要することの方が多いでしょう。

対策として考えられるのはデジタルツインです。近い将来はデジタルツインによってテスト環境を作り出せるようになると考えられます。

デジタルツインに関しては『メタバースがもたらす製造業への影響!AR・VRとの違いは?』の記事を御覧ください。

工場内の既存システムに影響する可能性がある

工場でのセキュリティ対策を行う際にはテスト環境が必要ということでしたが、十分なテストを行わずにセキュリティ対策を実装してしまった場合はどうなるでしょうか。

実は、セキュリティシステムは工場内の既存システムにも多大な影響を与えることがあります。たとえば、セキュリティを強化した為に、既存システムの一部が機能しなくなってしまうということも少なくありません。

したがって、実際にセキュリティ対策を行う場合には、他に不具合が無いように努めるべきです。出来る限りのテストを行うことをおすすめします。

上記を踏まえて、工場におけるセキュリティ対策の手順について解説しましょう。

工場のセキュリティ対策はこうやって進めよう!

工場における一般的なセキュリティ対策の手順は以下の4つのステップです。

  1. 現状把握
  2. リスク分析
  3. ルール策定
  4. 運用

それでは、順に見ていきましょう。

工場のセキュリティシステムを現状把握!

セキュリティ対策で最初に段階が現状把握です。どのように進めるべきか考えてみましょう。

現状把握として行わなければならないのは、脆弱な箇所を探すことです。まずは下記のようなセキュリティルールを見直してください。

  • 制御システムの情報セキュリティ
  • 設備設計基準

そのうえで現状のセキュリティ対策として不十分な点を確認していきます。適切なセキュリティ対策についても、再度確認しておかなければなりません。

しかし、これからセキュリティルールを作るという場合も考えられます。そのようなときには、まずはどのようなセキュリティルールが必要かということを検討するところから始めましょう。

また、セキュリティルールについてはルールを作るだけでは不十分。しっかりとルールを守らなければなりません。したがって、セキュリティルールがどのように運用されているかという点も踏まえて現状を把握する必要があります。

セキュリティのリスク分析は工場の資産ベースで!

続いてリスク分析です。工場のセキュリティ対策を行ううえで、肝となる部分がリスク分析でしょう。

しかし、リスク分析は下記のような理由から難しいものという認識があるかもしれません。

  • 具体的な手法や手順が難しい
  • 膨大な工数を要する

特にいくつものリスク分析手法があり、どの手法を使用すれば良いのかという点がネックになります。どの手法を用いるにしても、重要なことは保護すべき資産を把握することです。

したがって、工場におけるセキュリティ対策の場合は、資産ベースでのリスク分析をおすすめします。

工場における資産とは、たとえば下記のようなものです。

  • サーバ
  • 端末
  • 通信機器等

それぞれの資産に対して、重要度脅威脆弱性を評価指標として詳細なリスク分析を行ってください。

工場のセキュリティルール策定は現場の意識が重要!

リスク分析を終えた時点でセキュリティルールの作成に取り掛かりましょう。セキュリティルールを策定するうえで最も重要なことは次の2点です。

  • 自社工場のシステムに則したものである
  • すべての社員が適切な情報セキュリティ意識を持つ

特に、工場内の情報資産を保護するという点では、すべての社員の情報リテラシーを育成する必要があります。情報漏洩などのセキュリティ被害は意識の低い社員が引き起こすケースが多いので、ルール策定の時点で注意しなければなりません。

この点に関しては、セキュリティルールのメリットとルールを守らなかった場合のリスクを具体的な例を挙げて理解してもらうのが良いでしょう。

セキュリティルールの具体的な例としては、下記のような場合の申請書提出などです。

  • 工場内のIoT機器導入
  • システムのアップデート
  • 来客時の取り決め

リスク分析から考えられる全てのことを網羅しておく必要があります。

ただし、現場での混乱や作業負担が増え過ぎないようなルール作りを心掛けなければなりません。モチベーションが下がり、更に製造コスト上昇に繋がるようなルールでは意味がないので気を付けましょう。

工場のセキュリティルールは運用が最も大事

工場のセキュリティ対策で最も重要なことは、策定したセキュリティルールに社員全員で取り組むということです。

ルールを策定したら、運用ルールに従って取り組まなければなりません。ルールを作れば工場が守られるわけではないので、その点を改めて認識する必要があるでしょう。

また、策定したセキュリティルールが完璧というわけではありません。時代の流れに合わせて変化することも必要です。

セキュリティルールは作ることよりも運営していくことが大事なんですね!

工場が抱えるセキュリティ問題を解決しよう

ロボット導入のご相談はこちら

本記事では、工場が抱えるセキュリティ問題について解説しました。もう一度記事を振り返ってみましょう。

工場におけるセキュリティという点では、物理的な盗難だけでなくサイバーセキュリティが挙げられます。記事内では特にサイバーセキュリティについて詳しく解説しました。

近年は工場のデジタル化が進み、重要なデータが全てパソコンやハードディスクなどに保存されている状態です。サイバー攻撃による被害を防ぐことは極めて重要となります。

しかし、工場のサイバーセキュリティは通常のサイバーセキュリティよりも難しい問題。特に異なるのが下記のような点でした。

  • IoT機器自身にセキュリティ機能がない
  • 他社の工場や倉庫などとシステムがつながっている
  • ライン変更や装置交換などが頻繁に行われる
  • テスト環境を準備できない
  • 既存システムに影響する可能性がある

したがって、通常のサイバーセキュリティに加え、上記のセキュリティ対策も行わなければなりません。

セキュリティ対策の手順は以下の4ステップです。

  1. 現状把握
  2. リスク分析
  3. ルール策定
  4. 運用

ただし、重要なことはセキュリティルールを作ることではありません。社員全員がルールを把握し、運用していくことが重要です。

セキュリティルールを運用し、工場資産を守りましょう。

工場のセキュリティに関するご相談は、ROBoINまでお気軽にどうぞ!

ROBoINでは、産業用ロボット全般を、お客様へのヒアリング、コンサルティング、市場リサーチ、設計、構築、組立、納品、アフターサポートまで行っております。

記事一覧

ロボット導入を円滑にするSaaS型サービス

要件定義の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、
仕様漏れも無くす工場自動化の要件定義サービスです。

専用ツールはこちら

仕様検討の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、仕様漏れも無くす工場自動化の仕様管理サービスです。

専用ツールはこちら

TOP