ロボット導入を円滑にするSaaS型サービス

要件定義の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、
仕様漏れも無くす工場自動化の要件定義サービスです。

専用ツールはこちら

仕様検討の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、仕様漏れも無くす工場自動化の仕様管理サービスです。

専用ツールはこちら


こんにちは!
産業用ロボットの情報を発信しているROBoINです。[◎△◎]

毎月の工程管理を手書きで書いて提出してるのですが、今どき手書きっておかしくないですか?

製造業でも手書きのところがまだまだ多いみたいですよ。
でも、最近は便利な工程管理ツールもあるので、導入するのがおすすめですね。

工程管理はプロセス管理(MPM:Manufacturing Process Management)と呼ばれることもあり、製造業において生産状況を把握する重要なものです。実際、適正な工程管理を実施することで、多くのメリットが得られます。

では、工程管理によってどのようなことができるのでしょうか。本記事では次の3点について詳しく解説しました。

  • 工程管理とは何か
  • 工程管理の手順
  • 主な工程管理システム

工程管理についての知見を深めることによって、商品開発や製造に活かすことができればより大きな利益が得られます。ぜひ、記事を参考にして、企業のステップアップをしていきましょう。

初心者必見!これを読めば導入に向けて大きく前進!ロボット導入に必要な情報をまとめました!

製造業における工程管理とは?5つのメリットを紹介!

工程管理と混同されがちなのが、生産管理です。しかし、工程管理と生産管理は良く似ていますが、同じものではありません。工程管理は生産管理の一種。つまり、管理している範囲が異なります。

生産管理が管理する範囲は

  • 販売計画
  • 材料の仕入れ
  • 製品の出荷
  • 売上管理

などの製品に関わるすべて工程。これらの工程を全て管理するのが生産管理です。一方、製造業における工程管理は生産管理の中の製造工程に関する部分、つまり材料の加工や製品の運搬・検査などの管理を指します。

ところで、製造業における工程管理はどのようなメリットが得られるのでしょう?

製造業における工程管理のメリットは主に下記の5点です。

  • 生産リードタイムの短縮による納期の遵守
  • 生産効率の最適化・在庫量の調整が可能
  • 高品質を維持して顧客からの信頼を得る
  • 製造原価の軽減が可能
  • ノウハウの蓄積・共有

それでは、もう少し詳しく解説していきましょう。

工程管理によって生産リードタイムの短縮と納期の遵守が可能に!

製造業において、納期の遵守は大きな課題です。常にギリギリの状態で闘っている製造現場も多いのではないでしょうか。しかし、適正な工程管理を行うことで生産リードタイムの短縮が可能。結果として納期の遵守につながります。

そのための最も重要なことは、製造現場のあらゆる停滞を排除することでしょう。

たとえば、材料や人員などの把握と共に現在の在庫状況も把握する。たったこれだけでも生産リードタイムが短縮することもあります。材料の過不足人材の過不足を含めた工程管理を適正に実施することで、不測の事態にも迅速に対応することができるでしょう。

つまり、工程管理によって現状の課題を把握し、

  • ロット数の削減
  • 設備レイアウトなどの見直し
  • 運搬コストの見直し

などを実施できます。その結果として、納期に関する問題も解決可能です。

工程管理が生産効率の最適化と在庫量の調整を可能にする

前述した通り、適切な工程管理によって在庫状況を把握することが可能です。しかし、単純に在庫状況を把握するだけでは生産性の向上にはつながりません。では、在庫量を調整することはできるのでしょうか。

実は、適正な工程管理ができれば、在庫量を調整することも可能です。

多過ぎる在庫は工場全体としては安心材料となり得ますが、逆にコストが嵩んでキャッシュフローの悪化につながります。また、在庫が少な過ぎる場合には製造ラインでのトラブルに対応することができません。したがって、在庫量を常に最適な状態に保つことができれば、コスト削減生産性向上が実現できます。

実は、適切な工程管理によって、現在の製造状況の可視化が可能。製造状況を可視化することで、製造工程で発生している課題の共有ができます。課題の共有により迅速な課題解決・改善提案へとつながり、結果として在庫量の調整と生産性の向上が可能です。

在庫量の調整ができることで、コスト削減と適正価格での販売へとつながります。工程管理によって生産量と在庫量を調整して、生産効率を最適化しましょう。

工程管理により高品質を維持!顧客からの信頼も得られる!

生産性が向上して効率よく製品を製造できるようになったとしても、品質が低下したりバラついたりすることは大きな問題です。しかし、適正な工程管理を実施することで、高品質を維持することにもつながります。結果として顧客からの信頼を得ることもでき、業績も向上するでしょう。

工程管理は単純に製品を製造するためだけのものではありません。高い品質の製品を製造するための最適な状況を維持することが重要。そのためには生産量が増加した場合にも対応できるように必要なリソースの把握や在庫状況の把握を行わなければなりません。

特に品質的な問題が生じるのは生産量が増えた場合です。通常は品質低下に対して製造ラインを止めて原因の追求や対策が必要。しかし、工程管理によって、最小限の損失の中で一定の品質を保つことができます。

工程管理によって製造原価の軽減が可能に!

工程管理は製造工程の管理だけではなく、原材料の管理も行います。したがって、

  • 最適な原材料の可視化
  • 原材料の在庫管理

が可能。最適な原材料を使用して適切な在庫量を知ることができれば、原材料部分でのコスト削減へとつながります。

製造業における工程管理は製造工程の無駄を全て可視化し、排除することが目的です。結果として製造原価の軽減が可能になります。

工程管理はノウハウの蓄積・共有も可能にする

製造業における最近の悩みは技術継承です。しかし、技術継承という問題についても適正な工程管理によって解決できます。

問題となるのは経験の長い社員の退職です。これまでに蓄積したノウハウが全て水泡に帰すこともあるかもしれません。これまではこうした課題に対処する方法がなかったことも事実です。

そこで利用したいのが工程管理。実は、工程管理によってノウハウを蓄積できます。更に、製造工場全体の情報をデータベースとして蓄積することで、他の社内全体でノウハウを共有することも可能です。

それだけではありません。蓄積したノウハウを別の製品に応用することもできるので、工程管理によって大きな効果が得られます。

製造業における工程管理が重要というのはよくわかりましたが、実際はどのような手順で実施するのでしょう?

製造業における工程管理の実施手順

製造業における工程管理の実施手順はPDCAです。つまり、下記4点の繰り返しとなります。

  1. 生産計画を立案する(Plan)
  2. 計画を実行する(Do)
  3. 実施成果を評価する(Check)
  4. 問題点を改善する(Action)

もう少し詳しく見ていきましょう。

生産計画を立案する(Plan)

工程管理の第一歩は製品の生産から納品するまでの計画を立てることです。生産計画の立案に際して、主に必要な情報としては下記になります。

  • 納期を確定する
  • 生産数を決める
  • 必要な作業内容の検討
  • 必要な原材料の検討
  • 作業員の人員確保・人数の検討

また、計画通りに生産するには、上流の生産計画についての立案が必要不可欠となります。更に、計画期間の長さによって大日程計画・中日程計画・小日程計画に分けなければなりません。製造業における工程管理としては、特に中日程計画小日程計画が重要です。

計画を実行する(Do)

生産計画の立案ができれば、その計画に基づいて生産を行います。

ただし、常に計画通りに実施できるとは限りません。もし、計画通りに進められない場合には、その原因を追求して改善する必要があります。

また、発生したトラブルや生産工程上の課題などが見付かったり発生したりした場合には、問題点をデータベースとして蓄積するのがおすすめ。同じ問題は発生させないことが重要ですが、他の工程でも似たような事例が発生するかもしれません。その時の為にも、ノウハウの蓄積共有が必要です。

実施成果を評価する(Check)

計画を実行した後には確認が必要です。下記3点を見直し、評価してください。

  • 製造工程の問題点
  • 計画通りに進まなかった原因
  • 品質は安定しているか

問題点の可視化と共有が、工程管理の最適化にはとても重要です。一方向ではなく、多角的に見て評価しましょう。

問題点を改善する(Action)

実施成果の評価ができ、何かの問題があった場合には問題点を改善しなければなりません。生産工程における課題を改善するための施策を考え、改善策を実施してください。

ポイントとしては、生産工程の全てを変更するのではなく、差分的な考えで施策を導入していくことです。

上記のPDCAサイクルを繰り返すことによって、工程管理の精度を高めていきます。

それでは、製造業で利用できる工程管理システムを具体的に紹介しましょう。

製造業で利用できる主な工程管理システム

製造業で利用可能な工程管理システムには様々なものがあります。その中でもおすすめは下記の7つのシステム。

上記の1~4は主に多品種少量生産向けの工程管理システム。また5~7については汎用型の工程管理システムです。

上記のシステムの中には設置が簡単なものや、利用料金がリーズナブルなシステムなど、それぞれに特徴があります。事業内容や規模に応じて選択してください。

製造業における工程管理で生産性を向上させよう!

ロボット導入のご相談はこちら

本記事では、製造業における工程管理の重要性について詳しく解説しました。もう一度記事を振り返ってみましょう。

製造業における工程管理は、「販売計画」「材料の仕入れ」「製品の出荷」「売上」の中の製造工程に関する部分の管理です。工程管理を行うことで、下記のようなメリットが得られます。

  • 生産リードタイムの短縮による納期の遵守
  • 生産効率の最適化・在庫量の調整が可能
  • 高品質を維持して顧客からの信頼を得る
  • 製造原価の軽減が可能
  • ノウハウの蓄積・共有

工程管理の手順としては、下記のPDCAサイクル(Plan/Do/Check/Action)を繰り返すことです。

  1. 生産計画を立案する(Plan)
  2. 計画を実行する(Do)
  3. 実施成果を評価する(Check)
  4. 問題点を改善する(Action)

具体的な工程管理システムとして、本記事で紹介したのが下記7つのシステム。

各社の工程管理システムにはそれぞれ特徴が異なるので、製造ラインや工場の規模に合わせて選択する必要があります。

工程管理に関するご相談は、ROBoINまでお気軽にどうぞ!

ROBoINでは、産業用ロボット全般を、お客様へのヒアリング、コンサルティング、市場リサーチ、設計、構築、組立、納品、アフターサポートまで行っております。

記事一覧

ロボット導入を円滑にするSaaS型サービス

要件定義の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、
仕様漏れも無くす工場自動化の要件定義サービスです。

専用ツールはこちら

仕様検討の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、仕様漏れも無くす工場自動化の仕様管理サービスです。

専用ツールはこちら

TOP