まずは無料で始めてみませんか?

ROGEARは全国100社を超える優良企業の中から
最適な企業とマッチングが可能なまったく新しいサービスです。

資料請求はこちら

ROGEARは全国100社を超える優良企業の中から最適な企業とマッチングが可能なまったく新しいサービスです。

資料請求はこちら


こんにちは!
産業用ロボットの情報を発信しているROBoINです。[◎△◎]

最近の飲食業界は最先端技術の導入が多いですよね?

確かにそうですね。配膳ロボットやDXを積極的に導入する店舗も増えてきました。

飲食店は現在、大きな変革が求められています。最も大きな原因は新型コロナウィルスの感染拡大。飲食業界全体が不景気になっただけでなく、設備やシステムの変更が必要になりました。

その中でも注目を集めているのが、デジタルツールを活用したDXの促進です。

そこで本記事では、飲食業界の課題解決のためのDXへの取り組みについて詳しく解説しましょう。

DXとは何か、なぜ飲食店への導入が求められているのか。そして、飲食店がDXを導入することによって得られるメリットなどについても具体的事例を紹介しながら見ていきましょう。

飲食店の元気を取り戻すためにもDXについて学び、必要であれば導入してみてはいかがでしょうか。

工場自動化・ロボット導入に関してお悩みがあれば、お気軽にROBoINまでお問い合わせください!
多数の企業が参加する弊社独自のコミュニティを駆使して、お悩みに沿った最適なご提案をさせて頂きます。

参考1参考2参考3

そもそもDXとは?

DX(Degital Transformation)とは、IT(Information Technology・情報技術)を駆使してビジネスそのもののあり方を変革させるという概念です。もちろん、この場合の変革は人々の生活をより良くするためのものでなければなりません。

では、飲食店におけるDXとはどのようなことでしょうか。一般に、飲食店では下記のような業務があります。

  • 接客
  • 会計
  • 予約
  • 顧客管理

飲食店のDXは上記のような業務をデジタル化して、顧客満足度の向上や新規顧客の獲得につなげるというものです。ただし、単純に業務をデジタル化することがDXというわけではありません。DXはデジタル化が目的ではなく、ビジネスモデルの変革が目的。その点は注意が必要です。

DXについてさらに詳しく知りたい場合は、下記の記事を参考にしてください。
>>製造業のDX化!ITを手段にして「変革」する手順!

ところで、飲食店にはどのような問題があってDX化しなければならないのでしょう?

飲食業界における課題をDXが解決!

実は、新型コロナウィルス感染症の流行により、飲食業界では様々な課題が浮き彫りになってきました。その中でも特に重要な課題としては下記の4点です。

  • 売上が伸びない
  • ブランド価値を高めたい
  • 慢性的な人手不足
  • 業態変更が必須

上記のような飲食店の課題はDX化することで解決する可能性があります。では、それぞれの課題点について、もう少し詳しく解説していきましょう。

飲食店の売上が伸びない

飲食店の繁忙期と言えば、年末年始やお盆休み、土日というイメージが強いでしょう。しかし、コロナ禍となり、残念なことに繁忙期というものが無くなったと言っても過言ではありません。

最も大きな点は、団体客の宴会などの利用がなくなったことです。また、団体利用が減ったからと言って個人利用が増えたかと言えば、当然そのようなことはありません。

したがって、全体的に売上が減り、経営が困難な飲食店が増えています。中には赤字経営を続けている飲食店もあるという状況です。

飲食店の売上が伸びないという問題への対策としては、広告費や人件費などのコストを削減する方法が簡単かもしれません。しかし、広告費や人件費を減らしても売上を伸ばすことはできないどころか、更に売上が減る可能性もあります。

根本的な対策としては、DXを導入した売上管理やコスト管理などの厳密な経営戦略です。

飲食店のブランド価値を高めたい

新型コロナウィルスが流行したことによって、飲食店の業態が大きく変化しました。その中でも最も大きな変化がテイクアウトデリバリーサービスです。

たとえばデリバリーサービスを利用して料理を注文する場合、実店舗に訪れる必要がありません。したがって、今までのように立地条件さえ良ければ売上が上がるという時代ではなくなったと言えます。

つまり、現在の飲食店では、立地条件よりも料理の質や特別なサービスが重要。その飲食店を選ぶ理由が明確でなければ利用されない可能性すらあります。

したがって、顧客に選ばれるためには飲食店のブランド価値を高めなければなりません。解決策としては、DXを導入してリピーターを獲得するのが最も良い方法でしょう。

飲食店は慢性的な人手不足に悩まされている

飲食業界に限ったことではないのですが、慢性的な人手不足が大きな社会問題となっています。その中でも飲食店の人手不足は、より深刻な状況です。

飲食店はコロナ禍での売上が減少し、それによって時短営業や休業を余儀なくされました。飲食店で働いているスタッフは収入が少なくなるため、飲食店以外に転職するという人も。ますます人手不足に拍車がかかる状況です。

飲食店の人手不足対策は、魅力的な職場にして離職率を下げるしかありません。

現在の飲食店は業態変更が必須

従来の飲食店は立地条件の良い場所に店舗を構え、美味しい料理を出せば良いという考えが大きかったでしょう。しかし、コロナ禍となってからはデリバリーサービスやテイクアウトに業態を変更しなければならなくなりました。

そして、デリバリーやテイクアウトの流れはアフターコロナとなっても利用できることが大前提となるでしょう。なぜなら、消費者のニーズが大きく変わってしまったからです。したがって、DXをうまく取り入れ、様々な業態に対応しなければなりません。

多くの課題を解決できるのがDXによる業務の最適化ということですね。
では、DXでどのようなメリットが得られるのでしょうか?

飲食店がDXに取り組む4つのメリット

飲食業界がDXに取り組むことで、今抱えている多くの課題を解決できます。飲食店がDXに取り組むことで得られる主なメリットは下記の4つです。

  • 人手不足の解消
  • コスト削減・時間の削減
  • 非接触でのサービス提供・混雑回避
  • 集客力の向上(顧客データの蓄積と活用)

それでは、もう少し具体的に見ていきましょう。

DXに取り組むことで飲食店の人手不足も解消できる

DXによって人手不足が解消できます。DXと人手不足解消のイメージが結びつかないかもしれません。しかし、実はデジタル化によって人が行っていた業務の自動化や効率化が可能です。したがって、人手が必要だった業務に手をかける必要がなく、その分の人材を他に回すこともできます。

たとえば、予約システムPOSレジアプリなどの導入です。顧客との対応に時間を取られることもなく、ムダを省くことができます。

DXでコスト削減!飲食店のムダを省く

人手不足の解消と同様に、飲食店へのDX導入によって様々な業務の自動化が可能となります。また、自動化できない場合でも効率化することは十分可能です。DXツールを利用することで、時間の有効活用にも繋がります。

したがって、飲食店でもうまくDXを導入すれば、これまで行っていた業務をや対応していた時間を削減できるでしょう。飲食店へのDXの導入はムダな時間を削減し、大幅なコスト削減に繋がります。

売上が伸びない飲食店の対策としては、DX導入によるコスト削減がおすすめです。

飲食店での非接触サービスや混雑回避はDXで簡単に解決!

コロナ禍における飲食店のサービスは非接触・非対面へと変化しました。たとえば下記のようなシステムです。

  • タッチパネルを利用した注文
  • ロボットによる配膳
  • セルフレジによる精算システム

非接触・非対面ということで、コミュニケーションが取れないというデメリットもありますが、それ以上のメリットがあります。

たとえば混雑時の支払いです。DXを取り入れ、工夫することで支払い時の混雑状況も改善できます。

DXを利用すれば集客力の向上が可能!

飲食店でのDX導入により、集客という点においてもメリットがあります。DXによって集客の手助けとなるのが「顧客データの蓄積・活用」「顧客とのコミュニケーション」です。

飲食店での顧客データとは、下記のようなデータです。

  • 来店時間
  • オーダー内容
  • 滞在時間
  • 客単価

飲食店でのDXでは、上記のような顧客データを簡単に蓄積できます。また、蓄積した顧客データは集客などのマーケティング戦略に役立つでしょう。

また、飲食店でDXを導入することでコミュニケーションの活性化も可能です。

一見、DXとコミュニケーションはかけ離れた存在のように思えます。しかし、デジタルツールを導入することで顧客のニーズを把握することが可能。また、SNSアプリを利用してコミュニケーションを取ることもできます。

今や飲食店の集客にはDXが欠かせない存在と言えるでしょう。

飲食店がDXを導入すると、色々なメリットが得られることがわかりました。
しかし、もう少し身近な例はないでしょうか?

DXの代表的な3つの事例を紹介

DXを導入したことで成功している飲食店の事例を紹介しましょう。下記3つの飲食店はコロナ禍でもキャッシュレス決済やSNSやアプリなどを使った予約システムなどを導入して、大きな成功を収めています。

  • すかいらーくホールディングス
  • ステーキのどん
  • 株式会社すき家

それぞれについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

すかいらーくホールディングスのDX導入事例

出典:YouTube

すかいらーくホールディングスと言えば、ガスト、バーミヤンなどのファミリーレストランを中心に多くの飲食店を国内外に店舗展開している企業です。すかいらーくホールディングスでは、下記のようなDXへの取り組みを行っています。

  • タッチパネルからの注文によりオーダー時間を20%削減
  • 2022年度に3000台の配膳ロボットを導入
  • キャッシュレス専用セルフレジの導入
  • すかいらーくアプリの導入(利用者1500万人突破)

上記のように、料理の注文から支払いまで多くの部分にデジタルツールを導入しているだけではなく、常に改善され続けている印象です。

中でもキャッシュレス専用レジでは、支払いを円滑に済ませることができるのでレジでの混雑を緩和できます。

また、すかいらーくホールディングスではデリバリーサービスやテイクアウトにも積極的に対応。正に時代を先取りしている飲食店という印象ではないでしょうか。

LINEを使った予約システム【ステーキのどん】

「ステーキのどん」を経営するアークミールは、他にも「ステーキハウス フォルクス」「しゃぶしゃぶすき焼 どん亭」「ドン・イタリアーノ」と、合計で4つのブランドを展開している企業です。2021年よりLINEを利用した来店予約を活用し、多くのリピーター獲得に成功しました。

最初は「ステーキのどん」の1店舗で開始したLINEで予約でしたが、現在は全てのブランドに展開しています。

実際の効果としては、全店舗でLINEの予約システムを導入したところ、最初の5日間で約650組が利用しました。DXを導入してリピーターを獲得した飲食店の代表的な事例となっています。

仕入れからDXを導入【すき家】

全国に牛丼屋チェーン店を展開するすき家も、早くからDX戦略に取り組んでいる飲食店の一つです。人工知能(AI)・クラウド・IoT等のデジタル技術を活用し、システム開発環境の整備・拡充に取り組んでいます。

具体的には下記の4つに取り組んでいます。

  • 店内業務効率化
  • 顧客の利便性向上・店内業務効率化
  • 仕入調達のDX導入
  • イートイン以外への対応

もう少し詳しく解説しましょう。

店内業務効率化

飲食店での業務を効率化するために、下記のようなDXの取り組みを行っています。

  • POSシステム
  • 券売機
  • セルフサービスの注文システム
  • キャッシングレジシステム

顧客の利便性向上・店内業務効率化

すき家では以前より下記のような決済手段の導入を進めています。

  • 現金
  • クレジットカード
  • 電子マネー

非現金による決済が増えてきたDX時代の先取りと言えるでしょう。

仕入調達のDX導入

すき家の材料仕入れに関しては、グループ食品安全保証本部によって下記のような取り組みをしています。

  • 仕入先の安全性認証
  • 国内外の仕入先の開拓
  • 仕入れコストの低減

随所にデジタルツールを活用し、安全かつ低コストの仕入れを実現しました。

イートイン以外への対応

すき家ではイートイン以外の対応として、下記のようなマルチチャンネルへの対応を推進しています。

  • ドライブスルー
  • モバイルオーダー
  • デリバリー

飲食店のDXには様々な手法があるので、店舗に合った方法を導入するのがおすすめですね。

[まとめ]飲食業界のDXについて

本記事では飲食店のDX導入について詳しく解説しました。DXは様々な分野での導入が進んできています。もう一度記事を振り返ってみましょう。

新型コロナウィルス流行によって飲食店の業態も大きく変化しました。その流れに乗らなければ、生き残ることはできません。現在の飲食店における課題としては、下記のようなものが考えられます。

  • 売上が伸びない
  • ブランド価値を高めたい
  • 慢性的な人手不足
  • 業態変更が必須

上記の課題はDXを導入することで解決が可能です。飲食店がDXを導入する主なメリットは下記の4点。

  • 人手不足の解消
  • コスト削減・時間の削減
  • 非接触でのサービス提供・混雑回避
  • 集客力の向上(顧客データの蓄積と活用)

また、記事内では飲食店におけるDX導入事例として、下記の3社について紹介しました。

  • すかいらーくホールディングス
  • ステーキのどん
  • 株式会社すき家

上記の3社は、それぞれの飲食店に合うDXの手法を導入して成功している事例です。飲食店で取り入れられるDXの手法は様々。店舗の特徴を活かしたDXの手法を導入し、売上を伸ばしましょう。

自動化に関するご相談は、ROBoINまでお気軽にどうぞ!

ROBoINでは、産業用ロボット全般を、お客様へのヒアリング、コンサルティング、市場リサーチ、設計、構築、組立、納品、アフターサポートまで行っております。

記事一覧

まずは無料で始めてみませんか?

ROGEARは全国100社を超える優良企業の中から
最適な企業とマッチングが可能なまったく新しいサービスです。

資料請求はこちら

ROGEARは全国100社を超える優良企業の中から最適な企業とマッチングが可能なまったく新しいサービスです。

資料請求はこちら

TOP