ロボット導入を円滑にするSaaS型サービス

要件定義の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、
仕様漏れも無くす工場自動化の要件定義サービスです。

専用ツールはこちら

仕様検討の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、仕様漏れも無くす工場自動化の仕様管理サービスです。

専用ツールはこちら


こんにちは!産業用ロボットの情報を発信しているROBoINです。[◎△◎]

今回は、ロボットSIerが抱えている課題についてお話していきます!

ロボット導入に必要な情報、進め方をおまとめしましたので、合わせてお読みください。
ロボット導入に必要な情報や進め方はこちら
『初心者必見!これを読めば導入に向けて大きく前進!ロボット導入に必要な情報をまとめました!①』

①ロボットSIerとは?

ロボットSIer(システムインテグレータ)は、
ロボットシステムをまとめ、正しく動くように完成させる集団のことを指します。

ロボットシステムは、購入するだけでは動かすことができず、
設計やティーチングなど、システムインテグレートが必要となります。

つまり、ロボットSIerは、ロボット導入において欠かせない存在となっています。

詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参考にしてください!
『ロボットシステムインテグレーター(ロボットSIer)とは?必要性を考える』

②ロボットSIerの現状

経済産業省が2018年に行った調査を基にお話をしていきましょう。
引用元:『ロボットSIビジネスの現況(2018)』

近年のロボット産業の発展に伴い、ロボットSIer企業が増加しています。
また、まだまだ発展途上の分野でもあるため、ロボットSI業務の業歴が浅い実態がうかがえます。

ロボットSI業務の業歴

しかしながら、どの企業も基本的には、元々、製造業情報通信業など、
関係のある業種から事業規模拡大を図って、ロボット産業に着手しているため、
どの企業も技術があるといえます。

創業時の業種

みなさんご存知の通り、ロボット、自動化は今非常に注目されていて、
どの企業も売り上げが増加している傾向にあります。

③ロボットSIerの業務内容

ロボットSIerの業務内容は以下のように回答されています。

ロボットシステム設計において担っている工程

上図のように、“仕様検討”の工程を多く行っていることが分かりますね。

一般的に、ロボットシステムに使用するロボット本体や周辺機器については、
大手メーカーから標準化されたものが販売されています。

そのため、様々なメーカーや製造先とやり取りを行い、
納期やコストに合わせた機器を選定しています。

その他にも、特注品のロボットハンドもロボットSIerが設計します。

④ロボットSIerが抱えている課題

以下のグラフはロボットシステム設計で、
手戻りとなる原因が多く発生している工程とその内容です。

手戻りの原因となる工程

手戻りの原因

2つの図から、仕様検討時に、『顧客との認識違い』によって手戻りが発生していることが分かります。
『顧客からの追加要望』についても認識を正していれば、未然に防ぐことができたと考えられます。

みなさんにしていただきたいことは、この仕様検討時においては、
ロボットSIerは顧客から費用をいただいていないのが一般的です。

また、受注いただいたあと、手戻りにより、追加設計、設計変更が発生した場合でも、
事前に契約をしてしまっていて、追加設計費用をいただきづらいのが実態です。

⑤導入費用を軽減する秘訣とは

前項までの内容で、ロボットSIerの実態や、課題が理解いただけたかと思います。

手戻り課題については、非常に深刻で、企業によっては、
設計費用に手戻りを考慮した工数を提示していることもあります。

そのため、みなさんがこれからロボットを導入する際、
以下の事柄に注意することで手戻りを防ぎ、設計費用を軽減へ繋がります

それは、『ロボット産業がまだ発展途上であり、設計フローが確立されていない』ということです。

ロボット本体、周辺機器もメーカーや形状が多種多様であるため、設計も多種多様となってきます。
そのため、設計を進めていく上で必要なプラットフォームがまだ確立されていません

前述した通り、手戻りを考慮した設計費用を提示されるケースがあります。
ロボットSIerと密にコミュニケーションを取ることや、
仕様検討に必要な内容、条件を洗い出すことにより、ロボットSIerからの信頼を勝ち取ることができ、
設計費用の軽減や、納期短縮につながります!

ロボットに関するご相談はROBoINまで

いかがだったでしょうか。

「もうちょっと知識を深めたい」という方はこちらのコラムをご覧ください!
『初心者必見!これを読めば導入に向けて大きく前進!ロボット導入に必要な情報をまとめました!①』

「たくさん必要なものがあってわからない!」「これであってるのかな?」といった疑問や不安ある方、
ROBoINでは、無料でご相談できますので、ぜひお問い合わせください!
難しい課題を抱えている場合でも、高い技術力を持ったロボットシステムインテグレータは対応可能です。
どの種類の産業用ロボットのご相談も大歓迎です。

また、まったく未知の相談であっても、豊富な知識と経験で、お手伝いできます!

Twitterアカウント開設しました!ぜひお気軽にフォローよろしくお願いします!

記事一覧

ロボット導入を円滑にするSaaS型サービス

要件定義の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、
仕様漏れも無くす工場自動化の要件定義サービスです。

専用ツールはこちら

仕様検討の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、仕様漏れも無くす工場自動化の仕様管理サービスです。

専用ツールはこちら

TOP