国内のロボット自動化の成功事例と失敗事例!動画で詳しく紹介!

国内のロボット自動化の成功事例と失敗事例!動画で詳しく紹介!

    こんにちは!産業用ロボットの情報を発信しているROBoINです。[◎△◎]
    先日、新しい洋服を購入したので、袖を通すのが楽しみで仕方がありません。このワクワクが伝えられないのが残念です。しかし、逆に全然似合わなかったらどうしようという不安もありますが・・・

    やはり、新しいことを始めるときは不安を伴うのではないでしょうか。ロボットによる自動化を製造工程に取り入れようと考えたときも同様です。ロボット自動化には大きな費用が必要なので、失敗は許されません。

    では、なぜ不安なのでしょうか?

    最も大きな原因はロボットを導入して自動化したときの明確なイメージができないことでしょう。そこで今回は、国内においてロボットで自動化している成功事例と失敗事例について紹介したいと思います。

    この記事を読めばロボット自動化によって、御社が発展していくイメージが掴めることでしょう。記事内では成功事例・失敗事例の他に、失敗しないための方法についても解説しています。ぜひ最後まで記事をご覧ください。

    初心者必見!これを読めば導入に向けて大きく前進!ロボット導入に必要な情報をまとめました!

    国内のロボット自動化における成功事例!産業別に紹介!

    国内におけるロボット自動化で成功している事例は非常に多くなっています。ここでは、下記のような業界ごとに分類して成功事例を紹介しましょう。

    1. 自動車産業
    2. 電気・電子産業
    3. 食品加工産業
    4. その他の産業

    現在、日本の産業を牽引するのは自動車産業と電気・電子産業です。したがって、そのあたりを中心に紹介していきます。

    自動車産業のロボット自動化における成功事例

    自動車産業はロボット自動化が進んでいる

    前述しましたが、日本の産業と言えば自動車産業です。 自動車産業と言っても、単純に自動車製造工場だけではありません。自動車を構成する部品ハーネスを製造している事業所全てが含まれます。たとえばタイヤやエンジン、カーナビなども自動車産業です。

    国内自動車産業ではいち早くロボットによる自動化を取り入れ、今ではロボットの導入されていない車体工場は無いのではないでしょうか。また、自動車製造には多くの部品が使用されるので、部品の搬送においても高性能な自動搬送用ロボットなども利用されています。

    国内自動車産業におけるロボット自動化の主な成功事例としては下記のようなものです。

    • 車体組立ロボットシステム
    • 熱間鍛造ロボットシステム
    • アルミダイキャスト品のバリ取りロボット
    • 自動車用CVJ(等速ジョイント)組立ライン
    • ウィンドウ組み立てライン支援ロボット
    • 省エネスペアタイヤ詰込補助ロボット
    • フレキシブル(エンジン)誤欠品外観検査装置
    • 油圧ショベルメインフレームの高速溶接システム
    • 多関節型はんだ付けロボット

    その中から主な成功事例として、ホンダ鈴鹿製作所の車体組立工程を動画にて紹介しましょう。多くのロボットが所狭しという感じに並べられ、それぞれが干渉しないようにプログラミングされています。かつては全て人の手で行われていたであろう作業も、ロボットの手に掛かれば一瞬で完成。これほどまでの効率化はロボット自動化なしでは考えられません。

    下記は36秒の短い動画なので、ぜひ御覧ください。

    ※参考動画は本案件のロボットシステムではありません

    それでは引き続き、電気・電子産業について見ていきましょう。

    電気・電子産業のロボット自動化における成功事例

    自動車産業と共に日本の経済を支えていると言っても過言ではない電気・電子産業でも多くの正常工場でロボット自動化が進んでいます。小さな部品の組み立てや検査工程から重量物の搬送まで、様々な工程でロボットが使用され省人化と品質向上を実現。主な成功事例は下記になります。

    • 自動搬送機が重い荷物(変圧器)を搬送
    • SAWフィルタ(プリント基板)のシーリング用トレイへの整列ロボット
    • 高速ビジョンとIT技術による冷間ロール成形ロボット
    • ワニス(電気絶縁材料)塗布装置
    • トロイダルコイル(ドーナツ状のコイル)の巻き線工程自動化ロボット
    • 千手観音モデルによるロボット制御セル生産システム

    実は私自身も以前ファナックの工場を見学した時に驚いたことがあります。ロボットがロボットを作っているという状況です。

    下記に紹介する動画は安川電機の「ロボット村」の紹介となります。安川電機も国内のロボットメーカーとしては非常に有名。そして、こちらでもロボットがロボットを製造しているところを見学可能です。

    ロボット製造に関する部分は3分40秒くらいからなので、お急ぎの方は3分40秒辺りまでジャンプしてください。

    ※参考動画は本案件のロボットシステムではありません

    それでは続いて、我々の身近な存在である食品加工産業のロボット自動化について見ていきましょう。

    食品加工産業のロボット自動化における成功事例

    食品加工産業のロボット自動化

    我々が普段から口にしている食材も、もはやロボットが製造する時代です。調理する工程はもちろん、搬送工程袋詰め工程、箱詰め工程など多くの工程でロボット自動化が進められています。

    食品加工産業でのロボット自動化における成功事例としては以下のようなものです。

    • 豚もも部位自動除骨ロボットハムダス
    • 進物用クッキーのトレイ詰めライン
    • 立体型IH炊飯システム
    • 弁当の盛り付けシステム
    • エビの天ぷら製造ロボット
    • 食品トレイの積載ロボット
    • カップラーメンの箱詰めライン

    「ハムダス」とは世界で初めてナイフを持ったロボット。それまでは人手以外では不可能と言われた作業でも、現在はロボット自動化によって省人化ができるようになりました。

    また、調理という分野においても、比較的単純な工程ではロボット自動化が進められています。下記の動画は 実際の店舗や工場ではありませんが、人間でも難しいたこ焼きを製造するロボットの映像です。

    ロボットがとても興味深い動作をしているので、ぜひご覧ください。

    ※参考動画は本案件のロボットシステムではありません

    それでは続いて、上記以外の分野でのロボット自動化について紹介しましょう。

    その他の産業でのロボット自動化における成功事例

    上記に分類できなかった分野でも数多くのロボット自動化に成功した事例はあります。各分野の成功事例を集めることも可能なので、できれ多くの成功事例を紹介したいところです。しかし、多くなり過ぎても情報過多になるかもしれませんので、今回は下記のように厳選した事例のみの紹介させて頂きます。

    • ゴム栓部品のハンドリングロボット
    • 人間とロボットによるセルシステムの構築
    • 軸受けBOXの積載システム
    • 飲料缶スクラップの積載ロボット
    • 医薬品工場の搬送工程における自走ロボット
    • 印刷製造工場のパレタイズロボット
    • 商品の小箱入れ・段ボールの梱包

    特に搬送工程や箱詰め作業など、単純作業なのに体力を必要とするような工程においてはロボットが活躍しているという印象です。また、ロボットによる自動化を取り入れつつ、人間との共同で作業を行うという事例も多くあります。

    こちらは医薬品等を製造されている日本ゼトック株式会社様の協働ロボット導入に関する動画です。ロボット自動化によって完全な無人化を目指すのではなく、人間との協働によってより効率的な生産ができるという成功事例となっています。

    ※参考動画は本案件のロボットシステムではありません

    以上、様々な工場におけるロボット自動化の成功事例を紹介しました。しかし、ロボット自動化を導入すれば必ず成功するということばかりではありません。続いては失敗事例についても紹介しましょう。

    国内のロボット自動化における失敗事例

    ロボット自動化の失敗事例の原因は何?

    成功事例は様々なメディアで取り上げられるのですが、どうしても失敗事例は取り上げにくくなってしまいます。ロボット自動化についても同様で、残念ながら具体的に紹介できる国内での失敗事例はほとんどありません。

    そこで、一つの失敗事例を元に、どのような場合にロボット自動化が失敗するのかということについて考えてみましょう。

    ロボット自動化は形だけでは失敗の可能性も・・・

    下記はTwitterに投稿されていたロボット自動化の失敗事例です。ロボットを導入して実際にラインを稼働させた後に、様々な課題が浮き彫りになり、結果的に失敗という判断になったようです。

    ロボット自動化の失敗とはどのような状態を指すのでしょうか。

    それは、導入前に期待していた効果が得られなかったときではないでしょうか。ロボット自動化にはメリットもありますが、当然デメリットもあります。したがって、失敗事例の多くは十分なメリットが得られず、デメリットが大きな負担になったという場合です。

    具体的なデメリットについては、下記リンク記事を参考にしてください。

    >>工場自動化で抱える4つの課題!現状では人の介在は不可避?

    それでは、ロボット自動化で成功するにはどのようにすれば良いのでしょうか。

    ロボット自動化で失敗しない為に・・・

    ロボット自動化が失敗に終わらないためには、以下の事項について導入前に十分検討しておく必要があります。

    • 導入前に目的や期待する効果が十分検討する
    • 導入目的に最適なツールを選定する
    • ロボット自動化を取り入れる工程を十分検討する
    • メンテナンスの担当者を決め、体制を整えておく
    • マニュアルなどの整備を行っておく
    • 完全自動化ではなく人の介在を考えておく

    上記のことは、ロボット自動化の導入プロセスの記事内でも詳しく解説しています。導入プロセスに関しては下記リンク記事を参考にしてください。

    >>産業用ロボット3つの導入プロセス!検討から製品の生産まで!

    上記の項目を十分検討していない場合に最も大きな問題は、メンテナンスに時間が掛かることでしょう。特にロボットに関する技術を持った人材を確保しておかなければ稼働率が下がる可能性もあります。結果的に生産性が上がらないということになり、ロボット自動化の失敗に繋がるでしょう。

    また、ロボット自動化をうまく導入できた場合でも、社員の中から失職に関する不安の声が出る場合もあります。しかし、社員の教育などによって、よりレベルの高い事業所に発展していくものと考えます。省人化に関しては、前述した日本ゼトック株式会社様の例が非常に参考になるでしょう。

    最後に

    ロボット導入のご相談はこちら

    今回は国内におけるロボット自動化の成功事例失敗事例について紹介しました。

    現在、ロボット自動化を導入している事業所は多くなってきています。更に、現在検討中という話も良く耳にするようになりました。しかし、ロボット自動化を実現するには多くの費用が必要となり、失敗は許されない状況です。

    ロボット自動化を失敗に終わらせないためにも、多くの成功事例を参考にしてください。また、失敗事例を見ると導入前によく検討することが必要だということがわかります。したがって、ロボット自動化を検討する場合には、一方向から考えるのではなく、多方面から客観的に意見を取り入れることをおすすめします。

    御社のロボット自動化が成功し、作業員の喜ぶ姿を想像しながら取り組んでみてはいかがでしょうか。