【2023最新版】青森県でお勧めの工場見学10選!

【2023最新版】青森県でお勧めの工場見学10選!
banner_01

こんにちは!
製造DXの情報を発信している製造DXドットコムです。[◎△◎]

以前、仕事で青森県に行った際に、ちょうど「ねぷた祭り」が開催されていてラッキーでした。その代わり、工場見学に行けなかったのだけが心残りです。

「ねぷた祭り」は迫力があって良いのですが、工場見学も面白いと思いますよ。ところで「ねぷた」と「ねぶた」があることを知り驚きました。

青森県は工業よりも農林水産業が盛んな地域です。したがって、工場見学も飲食に関する施設が多く、身近な商品の製造工程を見学できます。中でも有名な農産物といえば、りんごでしょう。もちろん、りんごを原料にして加工する工場の見学も可能です。

そこで、本記事では青森県で可能な工場見学の2023年における最新情報をお届けします。

2023年12月現在、少しずつ新型コロナの影響は無くなってきました。しかしながら、まだ工場見学を再開していない工場もあり、見学できる工場は限られています。限られた中から、さらに厳選した10施設を紹介しましょう。

青森県でおすすめの工場見学|厳選した10施設を紹介

前述したとおり、青森県には海や山、ブナ原生林などがある自然豊かな地域です。したがって、その土地の理を生かしたりんごジュースやお酒、調味料などの工場を見学できます。

それでは早速見ていきましょう!

JAアオレン

画像出典:JAアオレン

JAアオレンでは青森産のりんごを原料にしたりんごジュース工場の生産ラインを見学できます。

JAアオレンで最も注目してほしい技術が「密閉絞り」です。「密閉絞り」はJAアオレンが長年培ってきた独自の製造方法であり、りんご本来の味や色、香りを最大限に引き出します。

また、JAアオレンの工場見学は生産ラインを見学できるだけでなく、りんごジュースができるまでの工程も学べる見学内容。お子様から大人まで楽しめるため、家族旅行にもおすすめです。

JAアオレンの基本情報は下記のとおり。

  • 住所:〒036-8317 青森県弘前市大字外瀬二丁目2番地1
  • 見学可能時間:FAXで毎週月曜日から金曜日
    (1)10:00~12:00
    (2)13:00~16:00
  • 見学可能人数:1回につき、1団体60名まで
  • 見学時間:60分程度(短縮可能)
  • 料金:無料

詳細については、下記のJAアオレン公式サイトをご覧ください。

奥入瀬湧水館

画像出典:奥入瀬湧水館

十和田湖・子ノ口から焼山までの約14kmに渡り、自然豊かな奥入瀬渓流があります。十和田市にある奥入瀬湧水館は、奥入瀬のブナ原生林と清流を肌で感じられる施設です。

奥入瀬湧水館はミネラルウォーター「源流水」を製造している工場で、製造ラインをガラス越しに見学できます。そのまま飲んでも美味しい水ですが、お茶やコーヒー、お酒の水割りなどに使用する際にも最適です。

奥入瀬湧水館の基本情報は下記のとおり。

  • 住所:〒034-0301 青森県十和田市奥瀬栃久保182
  • 見学受入日:通年(事前に問い合わせ必要)
  • 見学受入時間:9:00~16:30
  • 見学所要時間:15分
  • アクセス(バス)
    「JR八戸駅」より十和田観光電鉄バス「奥入瀬渓流館」前下車
    「JR八戸駅」よりJR東北バス「焼山」下車徒歩3分
  • アクセス(自動車)
    三沢空港から40㎞80分
    青森空港から45㎞90分
  • 料金:無料

工場見学の詳細については、下記の奥入瀬湧水館公式サイトをご覧ください。

北洋硝子株式会社の津軽びいどろ

画像出典:津軽びいどろ

北洋硝子株式会社では、伝統工芸品の津軽びいどろを製造しています。伝統工芸師による熟練の技を見学してみてはいかがでしょうか。

津軽びいどろの特長は、涼し気でやさしい緑の色合いです。七里長浜の砂を使用したガラスは今までになかった美しい色を作り出します。青森県でしか見られない伝統工芸品の製造工程を見学してみてください。なお、工場見学の際には事前連絡が必要です。

北洋硝子株式会社の基本情報は下記のとおり。

  • 企業名:北洋硝子株式会社
  • 住所:〒038-0004 青森県青森市富田4-29-13
  • 見学受入日:月~金曜日
  • 見学可能時間:10:00〜16:00(12:00~13:00を除く)
  • 見学所要時間:約30分
  • アクセス
    自動車:東北自動車道「青森I.C」より約15分
  • 電車:「青森駅」西口よりタクシーで約5分
  • バス:市営バス「新田扇田バス停」下車徒歩約10分
  • 料金:無料

詳しくは下記の津軽びいどろ公式サイトをご覧ください。

BUNACO(ぶなこ)

画像出典:BUNACO公式サイト

青森県にはブナの原生林も多く、日本一大きい「森の神」と呼ばれるブナの木があることでも有名です。「BUNACO(ぶなこ)」の工場では建築用途に不向きといわれるブナの木を使用したさまざまな器を制作しています。

BUNACOでは、工場見学の他にブナを使った器の制作体験も可能です。ただし、小学校三年生以下のお子様は保護者との共同作業となります。

BUNACOの基本情報は下記のとおりです。

  • 住所:〒036-1411 青森県中津軽郡西目屋村大字田代字稲元196
  • アクセス
    ◆自動車:
    ・東北自動車道 大鰐・弘前I.C.より40分
    ・東北自動車道 黒石I.C.より50分
    ◆電車:JR弘前駅より30分
  • 見学受入日:工場営業日カレンダー
  • 見学受入時間:10:00~11:30 / 14:00~15:30
  • 見学所要時間:90分
  • 料金
    ・見学:無料
    ・製作体験:8,800円(税込/送料別途)

詳細は下記のBUNACO公式サイトをご覧ください。

桃川(ももかわ)

画像出典:桃川公式サイト

桃川株式会社では、奥入瀬川水系水を仕込み水にしたお酒の酒蔵見学が可能です。見学回廊での酒蔵見学ではガイドの方から日本酒の種類や製造方法などについて、詳しく学べます。

酒蔵見学における最大のメリットは試飲ができることです。桃川株式会社では、大吟醸や吟醸酒、純米酒、にごり酒などの試飲ができます。日本酒が好きな方にはおすすめの工場見学です。

ただし、土日祝日は製造ラインが一部休業になるため、映像での紹介になります。桃川株式会社の基本情報は下記のとおりです。

  • 住所:青森県上北郡おいらせ町上明堂112
  • アクセス
    ・新幹線「八戸駅」より約20分
    ・三沢空港より約25分
    ・東北自動車道八戸道路「八戸I.C」より約30分「下田・百石I.C」より約5分
    ・「JR下田駅」よりおいらせ町民バス【南線】「百石中央」バス停下車
    ・八戸市より十和田観光電鉄バス「十和田市駅行」「国保おいらせ病院前」バス停下車
  • 見学受入日:通年(年末年始休業)
  • 見学受入時間:9:30~15:00
  • 見学所要時間:
    平日/60分
    休業日(土・日・祝日)/40分(VTRでの紹介・試飲・販売)
  • 料金:無料

詳細は下記の桃川株式会社公式サイトをご確認ください。

ワダカン株式会社

画像出典:ワダカン株式会社公式サイト

常に新たな挑戦をし続けている醤油メーカーの「ワダカン」では、醤油や調味料の製造工程を見学したり、衛生管理について学んだりできます。明治33年の創業以来こだわってきた品質管理や製造方法を、工場見学を通じて感じてください。

ワダカンで製造している商品を大きく分類すると下記の2種類です。

  • 家庭用:醤油・調味つゆ・発酵調味料・たれ
  • 業務用:業務用醤油各種・しょうゆミニパック・焼肉のたれ・業務用みそ

現代社会では市場ニーズが多様化しているため、ワダカンでも新たな味づくりへの挑戦をし続けています。ワダカンの基本情報は下記を参照してください。

  • 住所:十和田市大字相坂字高清水1163番地
  • 休業日:土,日,祝日,その他
  • 所要時間:60分
  • アクセス
    ・青い森鉄道「三沢駅」下車タクシー15分
    ・第二みちのく有料道路「下田I.C.」より15分
  • 料金:無料

工場見学の詳細については、下記のワダカン株式会社公式サイトをご確認ください。

みちのくコカ・コーラボトリング 青森工場

画像出典:みちのくコカ・コーラボトリング 青森工場公式サイト

みちのくコカ・コーラボトリング 青森工場では、「ジョージア」や「爽健美茶」などといった缶製品、「リアルゴールド」などの小ビン製品を製造しています。

工場見学では、缶製品と小ビン製品の製造工程の見学が可能です。みちのくコカ・コーラボトリング 青森工場の基本情報は下記のとおり。

  • 住所:青森県青森市浪岡徳才子字山本171
  • 見学内容:缶製品・小ビン製品の製造ライン
  • 見学可能日時:平日9時30分~16時
  • 所要時間:約40分
  • 見学可能人数:1~150人
  • 料金:無料

工場見学の詳細については、下記の公式サイトをご確認ください。

東通原子力発電所PR施設トントゥビレッジ

画像出典:東通原子力発電所PR施設トントゥビレッジ公式サイト

東通原子力発電所PR施設トントゥビレッジでは、原子力エネルギーのしくみを大画面・パネル展示・クイズなどで楽しく学べます。

トントゥビレッジは妖精が仲良く暮らす村のコンセプトで、森に住む動植物の観察やエネルギーのしくみを学べる施設です。東通原子力発電所PR施設トントゥビレッジの基本情報は下記のとおり。

  • 住所:〒039-4223 青森県下北郡東通村小田野沢字見知川山1-809
  • 営業時間:公開 9:30〜16:30(入館は16時まで)
  • 所要時間:約60分
  • 休業:月曜日、年末年始
  • アクセス方法:
    下北交通むつバスターミナルからバスで60分
    泊行き「トントゥビレッジ前」下車
  • 料金:無料

施設の見学に関しては、下記公式サイトをご確認ください。

八戸酒類株式会社 八鶴工場

画像出典:八戸酒類株式会社公式サイト

八戸酒類株式会社八鶴工場では、「八鶴」「如空」などの酒蔵の見学が出来ます。岩手県南部の紫波町志和地区で酒造りを始めた杜氏集団、南部杜氏伝統の酒造り工程を見て学べる施設です。

ただし、酒造期間(10月~3月)は業務多忙のためガイド付き見学の受け入れ可能日が少なくなるので注意してください。

酒蔵見学の後には試飲もできるため、日本酒好きの方にはおすすめの工場見学です。八戸酒類株式会社の基本情報は下記のとおり。

  • 住所:〒031-0086 青森県八戸市八日町1番地
  • 見学実施日:通年(除く:年末年始)
  • 見学時間:9時~16時
  • 所要時間:30分〜40分
  • 参加人数:1名~20名
  • 料金:
    ①ガイド付き 500円(試飲つき)
     ※20名以上の団体は別途相談
    ②ガイドなし 無料

酒蔵見学の詳細は、下記公式サイトをご確認ください。

六ケ所原燃PRセンター

画像出典:六ケ所原燃PRセンター公式サイト

六ケ所原燃PRセンターは、原子力発電や環境、エネルギーについて学べる施設です。

六ケ所原燃PRセンターでは、「原子燃料サイクル施設」を大きな模型や映像などで紹介します。また、環境とエネルギーの関わりや原子力エネルギーの必要性などについても詳しく学べる施設です。

小さなお子様も楽しめる工夫がされているため、家族旅行にも最適でしょう。六ケ所原燃PRセンターの基本情報は下記のとおりです。

  • 住所:青森県上北郡六ヶ所村大字尾駮字上尾駮2-42
  • 開館時間:9:00~17:00 
  • 休館日:毎月最終月曜日(ただし祝日の場合は翌日)、年末年始
  • 交通手段:
    ・JR七戸十和田駅より車で50分
    ・三沢空港から車で50分
  • 料金:無料

六ケ所原燃PRセンターについての詳細は下記公式サイトをご確認ください。

青森県の工場見学まとめ

本記事では、青森県内で工場見学ができる工場・施設について紹介しました。記事内で紹介した施設は下記の10カ所です。

  • JAアオレン
  • 奥入瀬湧水館
  • 北洋硝子株式会社
  • BUNACO(ぶなこ)
  • 桃川(ももかわ)
  • ワダカン株式会社
  • みちのくコカ・コーラボトリング 青森工場
  • 東通原子力発電所PR施設トントゥビレッジ
  • 八戸酒類株式会社 八鶴工場
  • 六ケ所原燃PRセンター

青森を訪問する機会がありましたら、ぜひ工場見学にも訪れてみてください。

ChatGPTと連携した専門家・技術者向け生成AIツールで業務を効率化

専門家・技術者向け生成AIツール – SPESILL

専門文書の作成や社内外からのお問い合わせ対応などに課題を感じている、人手不足で業務が逼迫している、埋もれている有益なデータが大量にあるなどのお悩みがあれば是非お気軽にお問い合わせください。

ChatGPT活用、IT導入のご相談はこちら

ChatGPT活用・IT導入サポート

お気軽にお問い合わせください。

ロボット導入のご相談はこちら

工場自動化サポート

お気軽にお問い合わせください。

また、自動化を行うにあたって知っておくべき事項をまとめた「工場自動化ガイド」を作成しました。これから自動化を行っていきたいと考えている企業様は是非参考にしてみてください。

運営会社について

製造DX.comを運営する株式会社ファースト・オートメーションでは、製造業の業務効率化を支援する様々なサービスを開発提供しています。製造業向け生成AIツール「SPESILL(スぺシル)」は特に反響をいただいております。ぜひご活用ください!

banner_01
記事一覧
広告 広告

関連記事

の最新情報をお届け

厳選した記事を定期配信
キャンペーン情報などをいち早く確認