【生成AIができること】代表的な生成AIツールまとめ

【生成AIができること】代表的な生成AIツールまとめ
banner_01

はじめに

近年、人工知能技術の進化は目覚ましく、その最前線に立つ生成AIツールは、クリエイティブな作業を根本から変えつつあります。文章、画像、音楽、コード、そしてビデオ生成に至るまで、これらのツールは独自のコンテンツを生み出すことで、デザイナー、作家、音楽家、プログラマー、映像制作者の可能性を大きく拡張しています。本記事では、各カテゴリで代表的なサービスを紹介し、それぞれの特徴や利用シーンを深掘りしていきます。

テキスト生成:

  1. GPT-4 (OpenAI):
    • 自然言語処理の分野で革新的な成果を上げるGPT-4は、その前身であるGPT-3の成功を基に、さらに複雑なテキスト生成が可能になりました。このAIは、小説、ニュース記事、技術ドキュメント、さらには詩まで、あらゆるジャンルのテキストを生成することができます。
  2. ChatGPT (OpenAI):
    • 対話型のAIとして設計されたChatGPTは、ユーザーの質問やコメントに対して自然で関連性の高い返答を生成します。このツールは、エンドユーザーとのエンゲージメントを高めるために、ビジネスや教育の分野で広く利用されています。
  3. Google Bard:
    • Googleが開発した会話型AIサービスで、ユーザーの質問や要望に対して柔軟に応答します。Google Bardは、最新情報に基づいた回答を生成する能力を持ち、多様なタスクに対応可能です​​。
  4. Microsoft Copilot:
    • MicrosoftがリリースしたGPTベースのサービスで、ChatGPTと並び、対話型文章生成AIとしての選択肢を広げています​​。

画像生成:

  1. DALL·E 3 (OpenAI):
    • テキスト記述から高品質な画像を生成する能力で注目されるDALL·E 3は、広告、アート、プロダクトデザインなどの分野で革新をもたらしています。このAIは、具体的な指示から抽象的なコンセプトまで、幅広いリクエストに対応可能です。
  2. Artbreeder :
    • ジェネティックアルゴリズムを使用して、既存の画像を組み合わせて新しい画像を生成するArtbreederは、キャラクターデザイン、風景画、ポートレートなど、多彩なビジュアルコンテンツの制作に利用されます。
  3. DeepArt :
    • 特定のアートスタイルを画像に適用することで、その画像を有名な画家の作品風に変換するDeepArtは、個人の写真や風景画をアート作品に変えることができます。
  4. Midjourney:
    • テキストからリアルで鮮明な画像を生成するAIサービスで、バージョン6へのアップデートにより画像の精度がさらに向上しています。

音楽生成:

  1. AIVA (AIVA Technologies):
    • オリジナルの音楽をAIで作曲するAIVAは、映画、ゲーム、広告などの分野で背景音楽やサウンドトラックの制作に使用されています。この技術は、クラシックからポップ、エレクトロニックまで、多様なジャンルに対応しています。
  2. Jukedeck (Jukedeck):
    • ユーザーの指定したジャンルやムードに基づいてオリジナルの音楽トラックを生成するJukedeckは、特に動画制作者やマーケターに人気です。このツールは、著作権フリーの音楽制作を可能にし、クリエイティブなプロジェクトを支援します。
  3. Boomy (Boomy):
    • 数秒でオリジナルの曲を生成することができるBoomyは、音楽制作の知識がない人でも簡単に音楽を作成できるように設計されています。ユーザーは自分の好みに合わせて音楽をカスタマイズし、共有することができます。

コード生成:

  1. GitHub Copilot (GitHubとOpenAI):
    • 開発者がより効率的にコードを書くために設計されたGitHub Copilotは、ナチュラルランゲージプロンプトに基づいてコードスニペットを生成します。このAIアシスタントは、プログラミングのバグ修正から新しい機能の提案まで、幅広い支援を提供します。
  2. Codex (OpenAI):
    • GPT-3をベースに開発されたCodexは、自然言語の説明からコードを生成する能力を持ち、開発者がプログラミングタスクをより迅速に解決するのを助けます。このツールは、特に教育やプロトタイピングの分野で有効です。
  3. Tabnine (Tabnine):
    • 機械学習を用いて開発者のコーディングを支援するTabnineは、コード補完とリファクタリングの提案を行います。このツールは、プログラミング言語や開発環境を問わず、開発者の生産性を向上させることを目指しています。

ビデオ生成:

  1. Synthesia (Synthesia IO):
    • テキストからビデオコンテンツを生成するSynthesiaは、リアルなアバターを用いて、教育ビデオやマーケティングビデオを手軽に作成することができます。この技術は、多言語対応が可能で、グローバルな視聴者にアピールするビデオ制作を支援します。
  2. Runway Gen-2:
    • テキストや画像を基にして動画を生成するAIツールで、最大16秒の動画を短時間で生成可能です。

結論

生成AIツールは、クリエイティブな作業を新たなレベルへと引き上げるポテンシャルを持っています。これらのツールによって、従来の制作プロセスが劇的に変化し、クリエイターはより多くの時間を創造的なアイデアの探求に費やすことができるようになります。しかし、これらの技術を利用する際には、倫理的なガイドラインに留意し、責任ある使用を心がけることが重要です。生成AIの進化はまだ始まったばかりであり、その可能性は無限大です。今後も、これらのツールがどのように進化し、私たちのクリエイティブな作業や日常生活をどのように豊かにしていくのか、注目していく価値があります。

2024年の重要トレンド:

  • マルチモーダルAIモデル: GPT4、Llama 2Mistralなどの進歩した大規模言語モデルは、テキスト、音声、画像、動画など、複数のモードでコンテンツを生成できるようになっています。これらのモデルは、AIの可能性を再定義し、より直感的でダイナミックな生成AIへと進化しています​​。
  • 小規模言語モデル: 大規模言語モデルの年だった2023年に続き、2024年は効率的でパワフルな小規模言語モデルが注目されます。これらは、より特化したアプリケーションでの使用に適しており、生成AIの新たな応用を可能にします​​。

これらのツールとトレンドは、教育、ビジネス、エンターテイメントなど、あらゆる分野での活用が期待されています。生成AI技術の進化により、クリエイティブな活動が大きく支援され、新たな可能性が拓かれていることがわかります。

専門家・技術者向け生成AIツールで業務を効率化

専門家・技術者向け生成AIツール – SPESILL

Word、Excelと親和性が高く、高度な文章生成、図表から文字・文字から図表の生成ができ、ナレッジ検索ができるAIアシスタントツールです。

専門文書の作成や社内外からのお問い合わせ対応などに課題を感じている、人手不足で業務が逼迫している、埋もれている有益なデータが大量にあるなどナレッジマネジメントのお悩みがあれば是非お気軽にお問い合わせください。

オフラインで生成AIを使いたい方はこちら

https://spesill-local.studio.site

DIfy、Microsoft Copilot Studioの構築支援のご相談はこちら

ノーコードAI構築支援

DifyやMicrosoft CopilotなどのノーコードAIツールの活用方法がわからない、社内に導入したけど使用している社員が少ない、生成AIを活用した新事業を立ち上げたい、という企業様を徹底的にサポートします!

お気軽にお問い合わせください。

ロボット導入のご相談はこちら

工場自動化コンサルティング

zisaku(ジサク)

お気軽にお問い合わせください。

また、自動化を行うにあたって知っておくべき事項をまとめた「工場自動化ガイド」を作成しました。これから自動化を行っていきたいと考えている企業様は是非参考にしてみてください。

運営会社について

製造DX.comを運営する株式会社ファースト・オートメーションでは、製造業の業務効率化を支援する様々なサービスを開発提供しています。専門家・技術者向け生成AIツール「SPESILL(スぺシル)」は特に反響をいただいております。ぜひご活用ください!

banner_01
記事一覧
広告 広告

関連記事

の最新情報をお届け

厳選した記事を定期配信
キャンペーン情報などをいち早く確認