【ロボット導入事例】シンプルな自動化システムで生産性向上!直交ロボットが伝統工芸を守る

【ロボット導入事例】シンプルな自動化システムで生産性向上!直交ロボットが伝統工芸を守る
banner_01

製造DX.comでは工場自動化の事例を紹介しております。参考資料は経済産業省が展開しているロボット事例となりますが、見やすく、わかりやすく、をモットーに初めての方でも問題なくご覧いただける記事制作を行っております。

主な導入内容

導入内容

  • 計量から接着、バリ取りに至るまでの各工程を一体的にロボット化
  • 熟練作業者が行う繊細かつ複雑な作業の自動化を実現

企業情報

  • 中小企業
  • 製造業(その他)

導入工程情報

  • 検査工程・搬送工程(ハンドリング)
  • 労働生産性の向上

生産現場の課題

安価な中国製品の需要増加により、製造工程の自動化は必須だった

今回のエンドユーザー様は伝統的工芸品の”筆”の製造を行っていました。エンドユーザー様の製造されている筆の特徴は、毛先がカットされていないことでした。そのため、製造時、型に毛先を入れて筆先の形状の整える必要があるため、工程が複雑であり、ロボット化が難しいと考えられていました。一方で、安価な中国製品の需要増加により、製造工程の自動化を避けては通れないと思い、自動化を検討を進めました。

ロボットシステムの導入

主な導入製品

  • 直交ロボット
  • ターンテーブル

直交ロボットの長所は、従来のロボットタイプと比較すると非常に安価であることがあげられます。デメリットとして、可動が1軸方向のみということがあげられますが、複数導入することや、他のロボットと組み合わせることにより、そのデメリットを補うことができます。今回の導入工程は、全部で8つの作業で構成されていました。そのため、垂直多関節ロボット等を利用するとシステム規模が大きくなってしまったり、高価なシステムになってしまうことが考えられました。

今回の導入工程は、工程こそ多いものの動作自体はシンプルだったため、直交ロボットをベースにシステム構成が行われました。導入後のフローは以下の通りです。

  1. 毛束が開かないよう圧縮しながら計量
  2. 型にセット
  3. 毛束の端をハンドでチャックし、ヒーターで仮溶着
  4. 長さを測定しながら位置合わせ
  5. 根本を切断
  6. ヒーターで本溶着
  7. 溶着で生じたバリを除去

自動化による効果

本案件は、弊社が設計したものではないため、具体的な導入費用を掲載することができませんが、効果などとしては下記のようになっています。

主な効果など

  • 投資回収年数 :約1.6年
  • 生産性    :約30倍
  • 導入部門人員 :4人削減
  • 効果     :4,800万円/年
  • その他の効果 :流出不良の防止

今回、直交ロボットを6台導入しましたが、生産性向上の大きさから投資回収年数を短くすることができました。

※参考動画は本案件のロボットシステムではありません

最後に

最近では、直交ロボットは、他のロボットを補う用途で運用されることが多くなってきました。そのため、エンドユーザー様は、”ロボット導入”という言葉で頭に思い浮かべるのが垂直多関節ロボットなど自由度の高いロボットとなっています。しかし、導入工程によっては、オーバースペックとなることがあります。ロボット導入を検討する際「しっかりとしたシステムを導入したい!」と思う方が多いと思います。勿論、作業に最適なシステムを導入することが大事です。

しかし、ロボットSIerとエンドユーザー様の間で、“しっかりとした”というレベルの認識が違うことが多いです。検討の後半になって必要機能の差異が発生して、設計のやり直し等が発生する危険もあります。そのため、検討序盤の段階で具体的な仕様をすり合わせことが大切です。

ロボット導入のお問い合わせは製造DX.comまで

自動化を行うにあたって知っておくべき事項をまとめた「工場自動化ガイド」を作成しました。これから自動化を行っていきたいと考えている企業様は是非参考にしてみてください。

ChatGPTと連携した専門家・技術者向け生成AIツールで業務を効率化

専門家・技術者向け生成AIツール – SPESILL

専門文書の作成や社内外からのお問い合わせ対応などに課題を感じている、人手不足で業務が逼迫している、埋もれている有益なデータが大量にあるなどのお悩みがあれば是非お気軽にお問い合わせください。

ChatGPT活用、IT導入のご相談はこちら

ChatGPT活用・IT導入サポート

お気軽にお問い合わせください。

ロボット導入のご相談はこちら

工場自動化サポート

お気軽にお問い合わせください。

また、自動化を行うにあたって知っておくべき事項をまとめた「工場自動化ガイド」を作成しました。これから自動化を行っていきたいと考えている企業様は是非参考にしてみてください。

運営会社について

製造DX.comを運営する株式会社ファースト・オートメーションでは、製造業の業務効率化を支援する様々なサービスを開発提供しています。製造業向け生成AIツール「SPESILL(スぺシル)」は特に反響をいただいております。ぜひご活用ください!

banner_01
記事一覧
広告 広告

関連記事

の最新情報をお届け

厳選した記事を定期配信
キャンペーン情報などをいち早く確認