【ロボット導入事例】人手作業で行っていた組立工程を自動化!11名もの人員を削減

【ロボット導入事例】人手作業で行っていた組立工程を自動化!11名もの人員を削減
banner_01

製造DX.comでは工場自動化の事例を紹介しております。参考資料は経済産業省が展開しているロボット事例となりますが、見やすく、わかりやすく、をモットーに初めての方でも問題なくご覧いただける記事制作を行っております。

主な導入内容

導入内容

  • “部品ピッキング”と”ブレード押し込み”組み合わせ組立工程を自動化
  • 熟練した作業者が必要な工程で、ロボット化を実現

企業情報

  • 中小企業
  • 製造業(機械加工品)

導入工程情報

  • 組立工程
  • 生産性の向上

生産現場の課題

今回のエンドユーザー様は事業の一環として、トルクコンバータの製造を行っていました。トルクコンバータは、AT自動車のエンジンとトランスミッションの間で使用される機器で「トルコン」と略されることが多く、流体力学的作用を利用した変速機です。トルコン内部には、多くのブレード(プロペラ)が設定されており、そのブレードによりタービンが回転し、トランスミッションからタイヤへと伝わり、車を発進させます。そんなトルクコンバータの組み立て工程、シェルと呼ばれる筐体にブレードの爪を合わせ、ハンマーで打ち込む作業を1台につき、31枚分行う必要があり、作業者の経験とコツが必要となっていました。また、作業者ごとに打ち込む量や角度が異なるため、品質が安定しない課題を抱えていました昨今の人手不足を補うためにも、工程の自動化を検討しました

ロボットシステムの導入

主な導入製品

  • パラレルリンクロボット
  • 垂直多関節ロボット
  • パーツフィーダー
  • 専用治具
  • コンベア

今回は、ブレードのピッキング作業が必要だったため、ピッキング作業に強いパラレルリンクロボットが選定されました。パーツフィーダーでブレードをコンベアに流し、流れてきたブレードをパラレルリンクロボットがピックアップし、治具に載せ、垂直多関節ロボットがブレードを掴み、シェルへ組付けを行う一連の自動作業を実現しました。熟練作業者を観察し適したハンドを選定できた事と作業者の『コツ』を忠実にロボットに再現することができ、より効率的な導入を行うことができました

自動化による効果

本案件は、弊社が設計したものではないため、具体的な導入費用を掲載することができませんが、効果などとしては下記のようになっています。

主な効果など

  • 投資回収年数 :約3.0年
  • 生産性    :約13.5倍
  • 導入部門人員 :11人削減
  • 効果     :3000万円/年
  • その他の効果 :品質の向上、過酷作業の代替

※参考動画は本案件のロボットシステムではありません

最後に

今回の事例では、導入規模が大きく、ロボット2台、周辺機器も複数台必要でした。そんな中でも投資回収がしっかりと出来るのは、ロボットの代替による人員の削減数が大きく、結果、生産性もおよそ13.5倍と非常に高いです。ロボットSIerと密に情報共有を行ったり、現地調査を行うことで、無理なく、投資回収のしやすい構成、条件出しを行うことができます。どこで、どのようなものを、どのように、作業を行っているのか、作業者が注意していることは何か、そういった細かいところまで洗い出すことで、ロボットは、より大きな効果をもたらしてくれることでしょう

ロボット導入のお問い合わせは製造DX.comまで

自動化を行うにあたって知っておくべき事項をまとめた「工場自動化ガイド」を作成しました。これから自動化を行っていきたいと考えている企業様は是非参考にしてみてください。

ChatGPTと連携した専門家・技術者向け生成AIツールで業務を効率化

専門家・技術者向け生成AIツール – SPESILL

専門文書の作成や社内外からのお問い合わせ対応などに課題を感じている、人手不足で業務が逼迫している、埋もれている有益なデータが大量にあるなどのお悩みがあれば是非お気軽にお問い合わせください。

ChatGPT活用、IT導入のご相談はこちら

ChatGPT活用・IT導入サポート

お気軽にお問い合わせください。

ロボット導入のご相談はこちら

工場自動化サポート

お気軽にお問い合わせください。

また、自動化を行うにあたって知っておくべき事項をまとめた「工場自動化ガイド」を作成しました。これから自動化を行っていきたいと考えている企業様は是非参考にしてみてください。

運営会社について

製造DX.comを運営する株式会社ファースト・オートメーションでは、製造業の業務効率化を支援する様々なサービスを開発提供しています。製造業向け生成AIツール「SPESILL(スぺシル)」は特に反響をいただいております。ぜひご活用ください!

banner_01
記事一覧
広告 広告

関連記事

の最新情報をお届け

厳選した記事を定期配信
キャンペーン情報などをいち早く確認