ロボット導入を円滑にするSaaS型サービス

要件定義の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、
仕様漏れも無くす工場自動化の要件定義サービスです。

専用ツールはこちら

仕様検討の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、仕様漏れも無くす工場自動化の仕様管理サービスです。

専用ツールはこちら


こんにちは!
産業用ロボットの情報を発信しているROBoINです。[◎△◎]

製造業界ではロボット導入による工場全体の自動化が進んできました。しかし、ロボットの導入経験が無い場合には少し敷居が高いようです。

ロボットを導入して製造工場の省人化をしたいのですが・・・
ロボットの発注方法すらわからりません。

製造工場では、単純にロボットを導入するだけで省人化が可能というわけではありません。実際にはロボットを含むシステムを構築する必要があります。

システム構築に関しては別記事にて解説しています。詳しくは下記リンクを参考にしてください。
>>ロボットシステム構築の流れ!6つのステップをわかりやすく解説!

しかし、ロボットを含むシステム構築となると、ますますどこに発注すべきかわからなくなるのではないでしょうか。そこで今回はロボット発注先の選定方法についてのポイントを解説しましょう。

この記事を読めば、ロボット発注時の悩みが激減することは間違いありません。ぜひ最後まで記事を御覧ください。

初心者必見!これを読めば導入に向けて大きく前進!ロボット導入に必要な情報をまとめました!

ロボット発注先5つの選定ポイント

ロボット発注先5つの選定ポイント

ロボット発注先の選定ポイントとしては、主に次の5点です。

  • ロボットSIer
  • トータルサポートが可能
  • マルチベンダー
  • 地域密着型
  • 補助金などにも詳しい

それでは、それぞれについて詳しく解説してきましょう。

発注するならロボットSIer!メリットが大きい!

ロボットの発注先として考えられるのは、主に「ロボットメーカー」「ロボットSIer」です。おすすめは「ロボットSIer」。何が違うのでしょうか?

前述した通り、ロボットを単体で購入しただけでは製造工場の省人化はできません。ロボットは半完成品なので、実際にロボットを導入する場合にはロボット自体にも付属部品が必要となります。また、ロボットだけではなくロボットの周辺装置も必要です。したがって、周辺装置の設計・製造・調整も行わなければなりません。

以上のような理由により、ロボットメーカーにロボットを発注して納品されるだけでは利用不可能ということになります。また、ロボットメーカーは基本的にロボットを単体で販売する業者なので、周辺機器の設計・製造をすることは不可能。必要な場合は別の業者に設計から製造までを依頼することになります。

その点、ロボットSIer(システムインテグレータ)なら、ロボットだけではなくロボットの周辺機器までをトータル的にサポート可能です。ロボットSIerについては別記事にて詳しく解説しています。詳細は下記リンク記事を参考にしてください。
>>ロボットシステムインテグレーター(ロボットSIer)とは?必要性を考える

実は、ロボットSIerには次のようなメリットがあります。

  • 規模に応じたロボットの提案が可能
  • 様々な労働環境改善の提案が可能
  • 導入後の運用・改善に関するサポートが可能

ただし、ロボットSIerにも様々な企業があるので、適切な業者を選定することが重要です。

ロボットSIerはどのような基準で選定すれば良いの?

ロボットの発注先はトータルサポートが可能なSIerがおすすめ!

実はロボットSIerと言っても業務形態は様々です。ロボットシステムを構築するには、次のような工程があります。

  • 構想・企画
  • 設計
  • 組み立て
  • 試運転
  • 設置
  • アフターメンテナンス

理想は上記全ての工程が可能なロボットSIerへの発注です。しかし、実際は上記工程の一部分だけが得意で、他は苦手という企業もあります。

もし、ロボットを発注したSIerが、苦手な部分のある企業であったり、特定の工程のみしか受注できないという場合には困ることになるでしょう。もちろん、そのロボットSIerのカバーできない部分を社内で行えるということなら大きな問題ではありません。

最悪はそれぞれの工程を別々の企業が担当するという場合です。費用が嵩むだけではなく、時間的なロスが発生する可能性もあるので注意が必要でしょう。

したがって、トータル的なサポートが可能なロボットSIerにロボットを発注するのがおすすめです。しかし、ロボットSIerを選定する条件は他にもあります。

ロボットは色々なメーカーのものを選定したい!

似たような性能のロボットであったり、部分的に違うメーカーのロボットを使用したいという場合もあるのではないでしょうか?

ロボット発注はマルチベンダーが選定のポイント!

産業用ロボットには様々なメーカーから様々な種類の商品が販売されています。産業用ロボットは大きく分類すると6種類。詳しくは別記事に記載しているので、下記リンク記事を参考にしてください。
>>産業用ロボットは6種類!それぞれの特徴と導入事例も紹介!

ロボットを導入したシステムを構築するには、ロボットが1台だけとは限りません。また、複数の工程で異なったロボットを使用することもよくあります。ここで問題となるのが、ロボットメーカーです。

実は、ロボットメーカーによっては得意な分野や苦手な分野があります。したがって、複数の工程で違うロボットを使用する場合には同じメーカーの統一が不可能という場合もあるでしょう。そんなときには別々のメーカーのロボットを発注することになります。

つまり、ロボットの発注先を選定するポイントとしては、マルチベンダーであることが重要です。システムを実現する為に最適なロボットを選定するという点では、メーカーを統一しない方が良い場合があることを覚えておきましょう。

ロボットの発注先はできれば地域密着型を!

近年、ビジネスはグローバル化が常識となってきました。しかし、信頼できるビジネスパートナーとしては、やはり地域密着型であることが望まれます。たとえば海外のロボットメーカーと直接取り引きをすることも可能ですが、費用面時間的な効率を考えると大きなデメリットです。

また、ロボットシステムの納品後に何らかのトラブルが発生した場合を想定すると、地域密着型のありがたさがよく分かるのではないでしょうか。時差のある、遠くのロボットメーカーでは連絡するだけでも時間がかかります。

したがって、ロボットの発注先は地域密着型のロボットSIerがおすすめです。

発注先としては補助金などにも詳しいロボットSIerがおすすめ

現在、製造業界では産業用ロボットの導入による自動化が推進され、補助金が給付される場合もあります。

たとえば、中小企業庁の「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」。これは中小企業を対象に、革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するもの補助金です。(参考:ものづくり補助事業公式ホームページ

他にも、それぞれの地域で補助金が受けられるケースもあります。過去には下記のような補助金もありました。

  • 兵庫県:ロボット実用化・普及促進補助金
  • 神奈川県:ロボット導入支援補助金

残念ながら、上記の補助金についてはどちらも募集が締め切られていますが、今後もこのような補助金が給付される可能性があります。したがって、補助金などについても詳しくアドバイスができるロボットSIerを選定するのが良いでしょう。

そういった意味でも、地域密着型でなければなりません。また、情報を得るという点では行政機関との繋がりがあるロボットSIerであることが望ましいと言えます。

最後に

ロボット導入のご相談はこちら

本記事ではロボット発注先の選定ポイントについて詳しく解説しました。もう一度記事を振り返ってみましょう。

製造業の職場環境を改善するには、ロボットを導入して工場の自動化を図るべきと言えます。しかし、産業用ロボットは半完成品です。実はロボット以外にも周辺機器・周辺装置が必ず必要となります。したがって、ロボットを単体で購入しても目的を達成することは難しいでしょう。

その点を考慮すると、ロボットの発注先としては以下のような選定ポイントとなります。

  • ロボットSIer
  • トータルサポートが可能
  • マルチベンダー
  • 地域密着型
  • 補助金などにも詳しい

ロボットメーカーではなく、ロボットSIerへの発注がおすすめ。しかし、ロボットSIerならどこでも良いというわけではなく、信頼できる業者を選ぶことが重要なポイントです。ロボットシステムの納入だけでなく、アフターフォローまで含めてサポートして貰えるSIerを選定しましょう。

ロボット発注で迷ったら、お気軽にROBoINまでご相談ください。

ROBoINでは、産業用ロボット全般を、お客様へのヒアリング、コンサルティング、市場リサーチ、設計、構築、組立、納品、アフターサポートまで行っております。

記事一覧

ロボット導入を円滑にするSaaS型サービス

要件定義の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、
仕様漏れも無くす工場自動化の要件定義サービスです。

専用ツールはこちら

仕様検討の精度を高め、社内外関係者への情報共有を効率的に行い、仕様漏れも無くす工場自動化の仕様管理サービスです。

専用ツールはこちら

TOP